smart459(四国)のスマートライフ
viviviのスマートあれこれ・・・スマートって面白い!
プロフィール

vivi459

Author:vivi459
459で楽しいスマートライフ✌('ω'✌ )

ありきたりのものでは満足しない、マニアです!

見たり聞いたり…参考にはするけど、やってみないと納得できない性分です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


ドアミラー修理
だいぶ前から運転席のドアミラーの調子がおかしい
調整レバーを操作してみても思った方向に傾かない・・・・(-_-メ)
たぶん、ワイヤーが伸びてると思い、ワイヤーを徳島方面で調達してましたので
満を持して、修理と相成りました。


直接ミラーを触ると、向きの調整はできるのですが・・・・
走行中の振動が影響しているのか、次第にソッポ向いてしまいます((+_+))

DSC_0261.jpg

ドアミラーを取り外しました。
DSC_0269.jpg

ドアミラー本体より、ミラーを取り外します。
ミラーは、数カ所のツメ・・・にて留まってますので、軽く引っ張れば外れます。

DSC_0262_2016100817130483b.jpg

ミラー固定用台座は、ビス3本で留まってます。
台座を取り出し、インナーワイヤー用と、アウターワイヤー用の台座をばらします。

DSC_0264_20161008171306996.jpg

こちらはアウターワイヤ側ですが・・・一カ所欠けてますねぇ( ゚Д゚)
こうなると、アウターワイヤーが保持できなくなるのでこちら側は動きません!

DSC_0263_20161008171304dda.jpg

欠けた部分がミラーの中に転がってましたので、瞬間にて補修
DSC_0265.jpg

瞬間接着剤だけではたぶんすぐに同じ症状になるとの懸念から
その周りをエキポシパテにて補強しておきました。
補修部分はもちろん、残りの二カ所も強度アップ・・・と思いたい!

DSC_0267.jpg

出来上がりました(*^^)v
調整レバーを試運転・・・・動きがキレキレの様相です!!

DSC_0266.jpg

元通りドアに取り付けて完成です
DSC_0270_20161008174511470.jpg

何も考えずに適当にワイヤーをレバーに繋いだので、動きが同調してません(;´・ω・)
レバーを上にするとミラーは下を向き、前にすると後ろに・・・・・・

まぁ、一回調整してしまえばそんなに操作しないからいいっか・・・・
とも思いましたが
動きが同調していないとうまくミラーを合せられないんですね!

ということで、
レバー部のワイヤーを同調するように差し替えて・・・・ホントに終了(*^^)v


スポンサーサイト
リアセンターパネル・・・小細工
今年の初めころに、前もって準備していたリアセンターパネル・・・!


ヤフオクで見つけたこのパネル・・・
FRPなので、割れには強いので思い切って購入しましたが、
僕の知っているFRP製のパネルと比べると、デザインが・・・・(´・_・`)

DSC_0637_2016061119552891e.jpg

そこで、「穴でもあけてみるかぁ」とこいつを購入!

DSC_0018_20160611194900758.jpg

あける材質は、プラかFRPなので木工用で十分です。
DSC_0017_2016061119490080d.jpg

このホルソーは、刃物を付け替えると数種類の大きさの穴があけられます
DSC_0016_2016061119490204d.jpg

2種類の大きさの穴を6か所あけました。
・・・・・・・なんか物足りないのと、このジグソーを借りたので
長方形穴抜きに思い切って挑戦してみました

DSC_0020_2016061119490325c.jpg

適当に4カ所穴開けをして、ジグソーで切り離していきます。
だいたいこんな感じで・・・その後ベルトサンダーにて広げていきます。

DSC_0019_20160611194940547.jpg

さすがFRPなので、サクサク削れていきます。
コーナーが丸くなってしまいますので、最終的にはヤスリがけにてエッジを・・・・!

DSC_0021_20160611194943711.jpg

はい、大まかに出来上がりました。
DSC_0023_20160611194944150.jpg

角穴のダクトは、裏にリブを入れたいですね・・・元穴のように!!
DSC_0024_20160611194946726.jpg

まぁね・・・あまりセンスがないもんで、こんな程度です。
ただこれは、塗装をすると普通に見えてくる予定ですので・・・・・



ドアパネル再補強
エンジンセッティングも、ほぼほぼ落ち着いてきたので
前々より気になっていた右ドアパネルの割れの進行をくい止めるべく
パネルの補強を実施しました・・・・
燃調につきっきりで、真っ二つになる勢いでした( ̄∇ ̄;)ハッハッハ


無事パネルが外れました。
ホントは無事と言っていいのか疑問・・・かるく割れは進行しちゃったみたいで・・(汗)

DSC_0495_20151123182551fb6.jpg

いつものプラリペア・・・ホッチキスの針で大まかに割れた部分を補強していきます。
DSC_0496.jpg

これでもか・・・・というくらいに打ち込んでおります。
この後、余分なところを削除してパテで最終補強を施しております。

DSC_0497_2015112318255435a.jpg

早速元に戻しました。
強度自体は問題ないのですが、まぁまぁ目立つひび割れに・・・・どうしたもんかなぁ!!

DSC_0498_20151123182556d82.jpg

とりあえず割れのひどいところにステッカーを・・・
のつもりだったのだけど、うーん・・・これ隠れてないよね????!ハハハ・・・!

DSC_0501_20151123182741c72.jpg


さて、ついでに次の作業の下準備をしておきます。
vivi号のバンプラバーはいつの間にか粉砕無くなってます!
そこで、徳島(館長様ね・・・)よりスペアをもらっておりました。

DSC_0507_201511231825055e0.jpg

バンプラバーはナットで留まってますので、このようにばらせます。
DSC_0510.jpg

そこにゴム製のこいつを・・・・
DSC_0508_20151123182505d85.jpg

こんな感じになりますね!
このままではちょっと長すぎる気が・・・半分程度カットしましょう!!!

DSC_0509_2015112318250336b.jpg

ドアパネルは、次取り外すことがあるのなら、たぶん再生不能になりそうです!
次の取り外し時には、おやじさんとこのパネルにしようかな!


窓落ち修理・・・割れたプラ交換のみ!!
いつまでもほっとくわけにはいかないので修理決行!

まずは第一関門のパネル外し・・・外れるには外れましたが
DSC_0145_20150814214618b65.jpg

予想通りの割れ、欠け・・・・塗装が厚いのであまり押せないのに割れます!!
ドアハンドルの所は、ついうっかり・・・!

DSC_0146_20150814214620863.jpg

はい、割れたプラスチック確認!/span>
DSC_0147_20150814214621e70.jpg

上下に伸びるワイヤー付け根の部分が割れるんですね!
DSC_0151.jpg

奇跡的にもワイヤーは無事のようですのでこのまま使います。
DSC_0152_20150814214623dde.jpg

徳島より持ち帰ったドアフレームの出番です。
DSC_0138.jpg

プラスチックの外し方ですが、まず上の緑のローラーに切り欠きがありますので
そこにワイヤーをかけてモーターを回すとワイヤーが外れます。

DSC_0153_201508142147308fe.jpg

ワイヤーが外れると、プラスチックを取り外すことが出来ます。
プラスチックは右に90°回すととれますよ!
あとはワイヤーが上下にスプリングを介して挟まってるだけです。

DSC_0154_20150814214732595.jpg

プラ単体になりました。
よく観察していると「ひびが入っとるがな」

DSC_0155.jpg

補強の意味で、エポキシパテ盛りました。
DSC_0157.jpg

もちろんこちら側も・・・・しかし後で問題発生します。
DSC_0156.jpg

ワイヤードラムの中で、ワイヤーエンドが外れてたのでドラム取り外し!
ドラムの取り外しは、リベット取りの要領で4箇所ドリルでもんで外します。

DSC_0159_201508142149139ee.jpg

ワイヤーエンドを取り付けて、ワイヤーを巻きなおしてセット!
DSC_0158_20150814214911c67.jpg

ドラムをボルトで固定して、ワイヤーをプラスチックにセットします。
その後、プラスチックをレールに戻して
最後の難関、ワイヤーをローラーの切り欠きに合わせてモーターを回します。

DSC_0161_2015081421491661b.jpg

ハイ出来上がりました!
実は、エポキシパテの盛りすぎで、ストッパーにあたり窓が閉まりきらないと言うトラブル発生です。
でも、リューターにて当る部分を削りクリアです。

DSC_0160.jpg

なんとかそれでも完成!
DSC_0164_20150814214916fef.jpg

今回はプラスチックの応急処置で対応しましたが
近いうちアルミで製作してみようと思います。
しかし、形状的に複雑なのでコストがかかりそうです。
自分用なら問題ないですが、
普通にレギュレーター購入した方が良さげですよ!
新品レギュレーターのプラを補強したらほぼほぼ割れないと思います。



アンダーカバー
先週のことですが、アンダーカバーの交換に中国地方に行ってまいりました。
なぜアンダーカバーの交換が・・・・・


はい実は以前、アンダーカバーが割れてしまって
走行に支障をきたすので徳島にて交換してました。
しかしこのアンダーカバー、後期用(なみだ目)なのでフロントパネルとの間に
このように隙間が出来ていました。
特に問題は無かったけれど、フロントパネルの下側の固定が出来ないので・・・・割れるかも!

DSC_0616_20141109165459f54.jpg

瀬戸大橋にて・・・かなりの強風にビビリました。
DSC_0680_201411091655042c3.jpg

岡山のとある場所に到着・・・・早速作業開始です。
前日より、前準備していただいておりましたのでとっても楽でした。

DSC_0674_20141109165500619.jpg

短時間にて交換完了です。
DSC_0704.jpg

時間が余ったので、スマ談議をしていると燃料キャップの話に・・・・・
「キャップのゴム部分がひびが入ってるかも」とのご指摘をうけ確認すると
ぼろぼろになりそうなひびが・・・しかも、裏側にも入ってるので裏返しにも出来ない!
予備のゴムを譲っていただいて交換しました。
ただし、このゴム・・・・ゴムだけでは部品出ません!
そこはそれ・・・とある車種のを流用との事でした・・・ほんと情報ありがとうございます。

DSC_0675_20141109165503878.jpg

なかなかアンダーカバー入手できないので助かります。
これで安心して高速ぶっと・・・・・・法定速度で走れるかな?