smart459(四国)のスマートライフ
viviviのスマートあれこれ・・・スマートって面白い!
プロフィール

vivi459

Author:vivi459
459で楽しいスマートライフ✌('ω'✌ )

ありきたりのものでは満足しない、マニアです!

見たり聞いたり…参考にはするけど、やってみないと納得できない性分です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


1年間の成長
最近の事ですが、不思議な縁で こちら にお邪魔するようになりました。
スマートのエンジンOHを手掛けているのを、興味半分で覗きにいってます
とても気さくな話しやすい社長さんで、お邪魔して話をするのがとても楽しい(*´з`)

今日も行ってましたが、あまり作業の邪魔にならないように早めに切り上げて
次は、息子の工場に・・・出没!!


特にすることもなく・・・・修理入庫していた、このミゼットが気になる!
ホントどうしようもないのですが、変わった風貌の車って・・・いいなぁ!
こんなマイナーな車・・・弄りがいがあるというものですね(^^♪

DSC_0316_20161022212047b82.jpg

フロントのオーバーフェンダーぶりもいいです。
DSC_0320_201610222120489ba.jpg

次は、ミラウォークスルーバン・・・エンジン載せ替えも終了して
あとは、内装を仕上げたら出来上がりのようです。

DSC_0323_20161022212051c2a.jpg

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \・・・外装もまだでした。
DSC_0322.jpg

さてさて・・ここから本題になります。1年前と、今の動力性能比較・・・・・

1年前の0-100加速・・・




50km-3.5秒 80km-9秒 100km-12秒

先日の0-100・・・ウォータースプレー噴射!


50km-4秒 80km-8秒 100km-10.5秒
今回は1速、2速は程々に3速をひっぱる感じでやってますが、
やっぱ後半からの伸びがだいぶ良くなってますね。
去年との違いは、マフラーとブースト及び燃調です。


ただ、想像していたのより伸びがいまいちだったので燃調を確認



先週1.7barに調整したのにまた落ちてますねブースト・・・
そのためかとは思いますが燃調も濃いめになってる様です。
またいろいろ小細工施して、10秒内をめざします

スポンサーサイト
more power
ロードスターに迫るべく調整セッティングしてみました

これが、徳島でのブースト&AF値です。



最大1.5barですが、ブーストが垂れてきてますね。
しかも、AF値も1.5barでもまだ濃すぎる気がします。
AFCにて絞ってもいいんですが、
絞ると点火時期まで早まってしまうんですよねぇ!


それなら・・・・
ブーストに燃調合せるのは諦めて、
燃調にブーストを合せましょう・・・つまり、
燃調薄くするためブースト上げればいいじゃん(*´з`)


そうです・・・またまたこれを外します。
DSC_0285_201610101837567e7.jpg

目標ブースト‣・・1.75bar辺りを・・・・
前回も締めこんでいるので、もうほとんど締めれません( ゚Д゚)
やっぱ、ノーマルアクチで1.75bar狙いは厳しいんでしょうか??
とりあえず、伸びしろ2mmあるので大丈夫でしょう???ほんとか??

DSC_0284_2016101018375519f.jpg

これが、アクチ調整後です。
走行動画の後に、その時のメーター動画・・・です。




ほぼ、ブーストの垂もなく1.7bar以上・・・・
狙い通り、燃調も薄くなってきてますのでちょっと調整・・!


こちらが以前の調整ボリューム!
DSC_0980_20161011195057c93.jpg

今回は、5000rpm、7200rpmでの燃料を増やしました。
DSC_0288_201610111950551a8.jpg


まぁ、こんなもんかなぁ・・・まだ、調整はしていきますけど・・(*´з`)







AFCセッティング
AFCのセッティングがやっと決まりかけてまいりました。
一般道でセッティングをしたパターンで高速を走行すると薄くなって
反対に、高速でセッティングしたパターンですと一般道では濃くなる・・・・( ノД`)


これが一般道用のボリュームです。
800rpm   0
2400rpm  2
4000rpm  -6
5600rpm  -10
7200rpm  -14

これで全開時はAF計10.6~10.8くらいですが、高速では11.3前後まで薄くなります

DSC_0980_20160511221934a82.jpg

これが高速用・・・
800rpm   0
2400rpm  2
4000rpm  2 
5600rpm  -10
7200rpm  -14

高速での全開時はAF計10.7前後です・・・一般道では10.0以下に濃くなります

DSC_0957_20160511221934bc1.jpg

中間の4000rpmだけを変えて、あまり変化ないようですがこのグラフをみて下さい
このAFCは、ボリュームのある回転数をなだらかに繋いでいくのでこのように変わります。
この2400rpm~5600rpmの違いがかなり変わるのです。

001.jpg

この一般と高速の違いは、全開時の回転数の違いかと思われます。
一般道での全開は、ほぼ回転数も5000rpm近くかそれ以上・・・
しかし高速では、3500rpm位で全開とかしますよね

ここからは推測ですが、
vivi号はインジェクターを交換して噴射量増やしてます!
ECUのマップが、回転数、アクセル開度、ブースト等でインジェクター噴射量を制御してますので
高回転、高ブースト、アクセル全開では噴射量マックス・・・で、絞ってます。

ですが、高速走行では常用回転域の3500rpmあたりの噴射量が絞ると足らない・・・!
4000rpmをプラスに振ることで、いい感じになっているのでは???と思ってます。


本日、「いいドーピング剤あるんやけど・・・」と、これを進められました。
これは、燃料添加剤・・・・あまりこういうものの信者ではないのですが
ダメ元のつもりで試供品的に30cc入れてみました。

DSC_0981.jpg

効能というか謳い文句はこれ・・・・
○コンプレッション向上によるパワーアップ
○トップリングの潤滑保護
○etc・・・・

この燃料添加剤・・・パワーアップ系ですね!
DSC04197.jpg

入れてまだそんなに走ってないので、まだこれからですが
ネット等のブログ等にも、かなりの好印象・・・体感の記事がちらほら・・・
これで体感できるほど変わるのなら儲けもんなので、これから様子を見ていきます。


調整値決まりました。
空燃比計と排気温度計を監視しながらいろいろとテストを行い
何とか満足のいくフィーリングを探し出しました。


0 +2 -2 -6 -6
この設定で、下からトルクフルに爆裂の加速・・・・そのままスムーズに上まで!!!
もっと上を絞れば、さらにレスポンス良くなりますが
今の排気温度がマックス900℃ですのでこれ以上は危険でしょう!

DSC_0494_20151122010100167.jpg

基本、セッティングには排気温度を第一に考えてます。
排気温度が低ければ燃料絞って、許容温度まで調整していきます。
850℃くらいでは安全は安全なんだけど、レスポンス及びパワーが・・・・もうちょい!
そこで、900℃を狙ってみました。
この設定では、空燃比10.3 マックスブースト1.6pa強・・・
安全に全開走行するのであれば、このくらいでいいでしょう!!
高速走行時にはまた変わるかもしれないけれど、ボリュームで調整できるから・・・OK!

計器見ないでセッティングすると、フィーリング的にはもっともっと薄めになりますね!
ほんと気持ちいいほどレスポンス良くなり、異次元の加速ですよ!
まぁ、間違いなくエンジンブローにまっしぐら・・・・ですけどね!

今の設定でも、レスポンスは申し分なく
自分の気持ちより早くシフトアップしなければならないのが残念です。
加速フィーリング的には、6800rpmあたりでのシフトが理想ですね。
今は、6300rpmあたりでシフトアップしてますが、
まだまだパワー伴って伸びているので、腰砕け感が半端ありません。
うちのvivi号は、レブが7000rpmですので回して回せないことはないのですが
シフトをミスってレブらせるのが嫌なので・・・・・シフトランプ設置しようかな!


最近は、セッティングのためぶん回してましたのでキャッチタンクにオイル溜りはじめました。
溜ったオイルの色が黒くないので、
ブローバイというより、加速Gで出てきただけのような気がするのですが・・・・!

DSC_0492_2015112201010206a.jpg

まぁこのAFCの設定は、vivi号にしか通用しないものです。
クランクでストロークアップ、カムをロードスター、タービンバージョンアップ!
この仕様に対応するためのインジェクター容量アップに伴う微調整の意味合いです。
インジェクター容量アップしただけでは、濃すぎて重いエンジンになるだけでした。

大まかに、上を6%絞るだけでここまで変わるとは・・・・燃調ってのは大事ってこと再認識できました。


空燃比考察
またまた燃調関係のお話です。
この、燃調…空燃比が私のマイブームなので当分はこのネタ、尽きそうにありませんね(汗)


スマートは、空気の量を計測するのを圧力センサーに頼っています。
ということは、ブースト圧にて吸入量を予測しているということです。

そうなると、低負荷の1速5000rpm1.5paと高負荷の5速5000rpm1.5paは
インジェクターの噴射量が同じ・・・・ということになりますよね!
まぁ、そんなことあるはずもなく、実際に空燃比は違ってます。

1速2速、5000rpm時の空燃比は11弱くらいでブースト1.7pa・・・・
4速5速、5000rpm時の空燃比は10前後で、ブースト1.4pa・・・・

ちなみにまだベストのところに出会えてないので、高負荷では濃いめ!!

この結果で、圧力センサーだけではなく、なんかの補正が入ってる!
そやなぁ・・・吸気温度とかが結構な割り込みしているのかな!
そうだとすると、低負荷では薄く、高負荷では濃いのもうなずけるんだけど・・・

まさか、ギアポジとかは????


なかなかセッティングが決まらないけど、この時間も楽しい!
概ね、高負荷での合わせで下が不満とかはないので、上をメインで合わせていきます。

ちなみにvivi号の買った当時の加速と、今の加速の比較です。







ノーマル時が約19秒・・・・
現在は11秒くらいですか(笑)
このスタートは、3000rpm発進してますよ!
しかし、1速レブ前6700rpm回ってて焦ったのは内緒です!