smart459(四国)のスマートライフ
viviviのスマートあれこれ・・・スマートって面白い!
プロフィール

vivi459

Author:vivi459
459で楽しいスマートライフ✌('ω'✌ )

ありきたりのものでは満足しない、マニアです!

見たり聞いたり…参考にはするけど、やってみないと納得できない性分です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


クラッチassy組み付け
450用クラッチassyとロードスター用クラッチassyをにこいちで・・・

まずは、クラッチディスクの芯だし用ジグを作りました。
DSC_0535.jpg

先端は17.00mmで、ディスクのスプラインに勘合させてます
DSC_0533.jpg

テーパーの部分で、カバーのダイヤフラムの芯を出します。
これで、ディスクとカバーの芯が合いますので芯だし出来る・・・ということですね!

DSC_0534.jpg

これは、今回の作業の目的のロードスター用フライホイール!
450用と比べると、ホント軽いです。トルクが無くなるとか・・・・・そんなんしらん!!

DSC_0536.jpg

こちらもロードスター用カバー・・・
カバーは、450用の方が新しいのでそれを使用する予定でしたが、
どうも、ダイヤフラムがロードスター用のほうが硬い気がします。
ということで、強化の意味もありロードスター用のカバーを採用!

DSC_0537.jpg

クラッチディスクの当り面が、サビ、荒れていたのでペーパーにて仕上げておきました。
DSC_0538.jpg

では、組み込み開始
フライホイールにディスクを、だいたい真ん中の位置で載せます
ディスクは残り代の多い、450用を使ってます。

DSC_0540.jpg

カバーを、合いマークを合せて軽く挿入します。
芯だしジグを使用して、ディスクの芯だしをしながら圧入していきます。
ある程度までは、ディスクが動かせますのでもちろん修正しながら地道にプラハンで圧入!!

DSC_0539.jpg

夜中なので、あまり物音が立てれないので最後までは入れてませんが、ほぼ完了!
DSC_0541.jpg

見た目大丈夫そうです!
DSC_0545.jpg

次回にまた、数字的に測定して大丈夫ならこのままクラッチ交換作業に移ります



スポンサーサイト
クラッチassy分解
以前頂いていた450用クラッチ、年末に頂いたロードスター用クラッチ!!
見た感じ、450用の方がクラッチ板が残ってます・・・確かではありませんが・・・
でも、ロードスター用の軽いクラッチも魅力的です。
ということで、この2つのクラッチassyをにこいち出来るか検証してみました


圧入しているクラッチハウジングを、均等に叩いて出します。
もちろん、同じ位置に組み付け出来るよう合いマークを入れてます

DSC_0519.jpg

左側が450用で、右側がロードスター用です。
DSC_0520.jpg

どちらも、ディスクの外周から半分程度しか使わないんですね!
DSC_0527.jpg

左がロードスター用、右が450用のハウジング!品番は3002663399で同じです
DSC_0526.jpg    DSC_0525.jpg

こちらのクラッチ板も151878000039と同じ品番ですね!
ということは、450とロードスターのクラッチの違いはフライホイールだけです。

DSC_0521.jpg    DSC_0522.jpg

では、クラッチ板の残りを測定します。
新品状態のディスクの厚みは4.8mm
ロードスター用は3.6mmの1.2㎜減で
450用は4.6mmの0.2㎜減でした!

DSC_0524.jpg    DSC_0523.jpg

ロードスター用は10万km走行外しで、ディーラーの話ではまだまだ使えるとのことでした。
ということは、残り3.0㎜弱までは大丈夫なんでしょうね!

450用は、14万km走行でしたので間違いなく交換後でしょう!
しかも0.2㎜しか減ってないので、新品同様と言ってもいいほどですね!

この軽いロードスター用フライホイールと、新品同様のクラッチ板をにこいちで組んでみます!



マフラー修理 ②
みぞれの降る最悪の状況ですが、現車外しの補修です。

凍える寒さで、パネルが割れないようにビビリながら取り外し、マフラーを摘出!
DSC_0503.jpg

タイコの手前のパイプのひび割れと、取り付けステーの割れ・・・・
ステーは、以前にステンの板をはさんで補強してました。

DSC_0504.jpg         DSC_0505.jpg

溶接しやすいようにかるく錆取り・・・さぁ・・・Tig溶接開始!!
DSC_0508.jpg   DSC_0509.jpg

きれいに溶接盛って補修完了・・・サンダーをかけて、巣のチェック!!
ステーの方は、補強の板ごと共溶接しときました!

DSC_0513.jpg   DSC_0514.jpg

できました!!
DSC_0515.jpg

やっぱ、1本だしのこのマフラーかっこええわぁ・・・・!
ただ、「爆音君」なんで頂けるとしてもうちのvivi号には許可がおりませんけど・・・・

今日は、他の依頼もやりかけ中ですがまたいずれ・・・

マフラー修理
じゃじゃーん・・・・これを入手しましたラガゾンマフラーです
DSC_0501.jpg

と、言いたいところですが実は期限付きレンタル移籍・・・・です。
なぜうちに来てるかというと、
この通りみごとにパイプが割れてます。
はい、溶接修理で預かってるんですねぇー

DSC_0497.jpg

Tig溶接にて補修完了!
DSC_0498.jpg

見た目重視の軽い磨き仕上げ済みです。
DSC_0500.jpg

このブラケットの取り付け穴周辺も割れてたので、ちょっとだけやってます
DSC_0499.jpg

いつまでの、レンタル移籍かわからないけど、
まだ取りに来ないなら、いろいろなテストも兼ねてつけちゃおうかなぁ!!



ビックスロットル・・・インプレその後!
オーバーホール中のエンジン、これが欠品なので中断中です

DSC_0414.jpg

これは、オイルポンプチェーンテンショナーです。
材質も調べてわかったので、材料注文して削りだしも考えましたが、
コスト的にパーツ購入が一番ですので、只今手配中です。
ディーラーでは、このパーツだけでは出ないのでドイツへ・・・
もちろん備前様にお願いしてます・・・ほんと心強いです。


と、いうことで前回のビックスロットル装着後のインプレ&微調整!!
装着後は、かなりよくなりました
特に、アクセルのつき・・・レスポンスは、誰でもわかるほどです。
しかし、回転も戻りと、アイドリングが不安定になってます。
特にアイドリングは、たまに3000rpm付近まで勝手にあがってしまう状況です。
まるでエアーを吸ってる感じですが、装着に問題はありませんでした。


そういえば、このスロットルはオペル用だから、センサー側の抵抗値等が違ってるかも・・・
さっそく、以前つけていたノーマル加工のスロットルを引っ張り出して・・・

DSC_0495.jpg

こちらはビックスロットルの中身!!うん、やっぱ同じですね!
DSC_0493.jpg

上がノーマル、下がオペル!!
見た目同じですが、よく見ると微妙になんか違う気がする・・・・
たぶん気のせい・・・抵抗値等、見てもわからんもんね!

DSC_0492.jpg

こちらは前回施工してた、ノーマルパイプにアルミリング装着の図!!
これで、ホースバンドを締めてもつぶれなくなります!

DSC_0494.jpg

センサー部交換後のインプレですが、
はい、あっさり直りました。アイドリングの不安定も皆無です。

やっぱ、車種ごとにスロットルセンサーの抵抗値が違っていると思われます。



smart459新年会
2月1日~2月2日で、459の新年会を開催いたしました
459初の愛媛開催で、「利楽」にての合宿開催です。
遠方はるばるからのご参加、ありがとうございました。


初日の宴会場所はここ

もう、盛り上がりすぎて画像はありません・・・

2日目の朝食を取りに・・・・
DSC_0482.jpg

次の目的地「中山」に向かう途中で給油!整列して待ってます。
DSC_0483.jpg    DSC_0484.jpg

3台縦列駐車にて・・・名物「栗ぜんざい」を・・・・・
ここは実家に帰るときにしょっちゅう通ってますが、初めて伺いました(汗)
しかし・・・・ほんとにおいしい・・・・今度また寄ろう!!

DSC_0487.jpg    DSC_0486.jpg

最後に、459新年会のお開きの場所「伊予灘SA」にて・・・
ガスってますが、伊予市からの松山市のほぼ全景です!

DSC_0491.jpg    DSC_0490.jpg

楽しい2日間を過ごせてリフレッシュです!!
次の機会には、ニューエンジンお披露目できたらいいなぁ