smart459(四国)のスマートライフ
viviviのスマートあれこれ・・・スマートって面白い!
プロフィール

vivi459

Author:vivi459
459で楽しいスマートライフ✌('ω'✌ )

ありきたりのものでは満足しない、マニアです!

見たり聞いたり…参考にはするけど、やってみないと納得できない性分です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


セントラル自動車訪問
10/12に高知カンファレンスが開催されます。
とても楽しみにしていたのですが、どうしてもこの連休は・・・・・・都合がつきそうも無く・・・・
ということで、本日おやじさまのセントラルまで、顔を出しに行ってまいりました。


せっかく行くのだから、綺麗に・・・・
この「ポリマーG1000」はおやじ様からの頂き物ですが、これ凄くいいです。
無くなったら、補填しよう!!

DSC_0582_20140928214602359.jpg

33号線の高知に入ってすぐの「ドライブイン引地橋」にて・・・・・
やっぱ、G1000の威力は凄い・・・・テッカテカ・・・!!

DSC_0584_201409282146044b4.jpg

途中、ナビに嘘つかれてえらい遠回りしてしまいましたが、無事到着!!
DSC_0585_201409282146042e7.jpg

早速・・・・・おやじさまなんかしてます。
DSC_0589.jpg

いやぁ・・・うらやましい限りの環境ですね!
合宿所も拝見しましたが、楽しいこと間違いないところです!

DSC_0588_20140928214629177.jpg

せっかくだから、星とツーショット
DSC_0586.jpg     DSC_0587_2014092821460767c.jpg

おやじさまに物々交換してもらったこれ・・・・OHをして予備の予定!
DSC_0590.jpg

それはそうと、おやじさまにvivi号の試乗をしていただきました。
高回転の気持ちよさをお褒め頂きました。
半分、おべっかと割り引いても嬉しいコメントでした。ほんとに今日はありがとうございました。

また、帰りの道中でもう1人のお方にも試乗を・・・・・
やはりお褒め頂き・・・・・報われた気が(嬉)

実際、どんどん調子が上がっているようで、
今日の高知からの帰り道も、以前よりかなり楽に走るし、踏めば・・・・・メッチャ楽しい!!

スポンサーサイト
セルモーターオーバーホール
起動不良で交換したセルモーター・・・・OHしてみました。

ギア部は若干汚れてますが、全体的にわりと!綺麗
DSC_0568_20140923150400ef6.jpg

ばらす順番はおのずと決まってきます。ここまでばらすことが出来ます。
DSC_0569.jpg

アーマチュアのコンミュテーター(ブラシ接触部)が黒く炭化してますね!
DSC_0570.jpg

これでいいのかわからないけど、パーツクリーナーで洗浄し、炭化してたのを磨きました。
DSC_0571_201409231503105ed.jpg

ブラシも、えらいことになっていたのでヤスリで形を整えました。
DSC_0572_201409231503078fa.jpg

前後の軸部にグリスを少々塗って組み直し完了!
DSC_0573_201409231503072ec.jpg

このブースターの出番です
DSC_0574.jpg

ではオーバーホール後の動作は・・・・・・




快調に回っているので、OH成功ですね!!
不調時の動作は、回ったり回らなかったり、回ってもすこぶる遅い回転・・・・・

クラッチのリングギアを回してないのでなんともいえませんが、
ブラシ周辺の修正で、接点復活・・・・・・完治と思いたい!

STDサイズでOHできるのか・・・測定
ばらしたエンジンの検証開始

ヘッド燃焼室・・・・カーボンはまぁ多いけど、バルブ欠けもなくええでしょう
DSC_0547.jpg

ちょっと雨ざらしだったので、サビてるけど・・・・
見た感じ、オイル下がりのあとも無いと思われますね!

DSC_0548.jpg

ピストンを見てみると、1番、2番、3番と共にカーボン・・・・・・
トップリングとセカンドリングの間のカーボン付着は、リングの張力のへたりと思います。

DSC_0546.jpg

特に2番は酷くて、オイルリングより下までカーボン付着!
この様子では、燃焼ガスが吹き抜けてブローバイ過多・・・・・予想通りでしたね!
もちろん、すべてのオイルリングは固着気味です!

DSC_0545_2014092114580416d.jpg

きれいにクロスハッチも残っているので、このまま使用できるかシリンダー計測!

            軸方向  径方向
1番    トップ   63.55   63.54
      中間    63.54   63.55
      ロアー   63.53   63.54

2番    トップ   63.52   63.56
      中間    63.52   63.56
      ロアー   63.53   63.55

3番    トップ   63.54   63.56
      中間    63.54   63.55
      ロアー   63.53   63.54


大きく変形してることも無く、最大誤差0.04㎜ですか・・・・大丈夫そうですね!
DSC_0540_201409211458110d2.jpg

クランクシャフトの芯ブレを計測・・・・ダイヤルゲージの振れは0.03㎜・・・・こちらもOK!!
DSC_0541_2014092114580762a.jpg

思いがけず、このままオーバホールにて使用できそうです!
今回は、通常オーバーホールのみで軽量化とか加工とかはしない予定です!
だって、やりだしたらきりが無くて、また一年くらいかかりますから・・・・・・


下ろしたエンジンの検証
やっとエンジンバラシの時間が取れたので・・・・

それではエンジンスタンドにセットします。しっかし、黒々とよくもここまで・・・・
DSC_0401_20140916211506db6.jpg

この載せ替えたエンジンと比べると、違うもんみたい!!
まぁ、オーバーホールしてるんだから綺麗なのはあたりまえ・・・・!

DSC_0600.jpg

ヘッドをはぐって見てビックリ・・・これでもかと、カーボンが・・・・
かなり、白煙吹く状況だったのでこんなもんなんですかね!

DSC_0452_20140916211507ce5.jpg

シリンダーに目立った縦傷等はありませんでした。
どの程度磨耗してるとか、歪んでるかとかは測定してみないとわかりません

DSC_0483_2014091621150813a.jpg

ピストン・・・オイルリングは固着している雰囲気ですね。
コンプレッションリングも、カーボンの付き方を見ると1番、2番と共にへたっていると思われます。
こちらも縦傷等はありません。
この状況より、コンプレッションリングのへたりでブローバイが多くなりオイルが回っていたのでは・・・・?

DSC_0528.jpg

どの画像を見ても、コンロッド側のメタルはこんなになってますね!キャップ側は異常無しです。
なんででしょうね??メタルのクリアランスが大きいのかな?OHで、思い当たるふしはあります・・・・!

DSC_0527_2014091621151080f.jpg

次は、「シャカシャカ・・・」音がしていた原因・・・であろうチェーン部です。
オイルポンプのチェーンですが、結構伸びているような気がします。

DSC_0503_2014091621202574a.jpg

この新品チェーンと見比べると、テンションの張り方が大きいでしょ!
たぶん、これならタイミングチェーンの方も伸びてることでしょう

DSC_0588.jpg

やはり、伸びの影響からなのかテンショナーの磨り減り方が・・・・・
DSC_0507.jpg

クランクシャフトのジャーナル&ピンは傷も無く綺麗なものでした。スラストメタルも・・・
DSC_0523_20140916212025614.jpg

とりあえずこれでパーツごとに分けて、また洗浄してみます。
DSC_0529.jpg

このエンジンは、実況見分のためにバラシたので再利用予定はありませんでした。
しかし、綺麗にOHしたら全然大丈夫そうな気が・・・・・・・
するとしても、メタル、リングの交換と、ヘッドをちょこっとするくらいかな!

バラシの画像です




ほんとにヘッドカバーからなのか??
フロントカバーの継ぎ目や、マウント、右ドライブシャフトのオイル付着が
本当にヘッドカバーからの漏れなのか・・・・・確信が持てないので、様子を見てみることにした。


このフロントカバーや、ドライブシャフトをパーツクリーナーでクリーンにしときます。
DSC_0395.jpg

ヘッドカバーの継ぎ目も・・・オイルキャップからの漏れも疑ってます。
DSC_0394_20140915093739841.jpg

オイル漏れさえなければ、ホント綺麗なヘッド回り・・・
これで暫く様子を見て、やっぱり漏れてくるようならヘッドカバーを開けよう!

DSC_0396.jpg

ついでに気になっていたアースケーブルを追加!!
DSC_0397.jpg

これで、ボディとエンジンへのアースは充分でしょう!
次は、バッテリーより直にケーブルをボディのアースポイントまで引っ張ってこようかな!

DSC_0398_20140915093745f6e.jpg

オイル漏れ&滲みは、オイルキャップだけだったらいいなぁ!

PS
昨日より、コメント返信しようとすると「書き込み制限を受けてます」と表示され送信できない!
自分のブログでかきこみできんてって・・・・・どないなっとんねん(怒)(怒)
で・・・・更新はできるんかぃ(驚)

セルモーター&ついでに水回り交換
3連休初日の土曜日、依頼されていたセルモータ交換作業!

せっかく青空リフトがあるのでこれを使わない手は無い!
DSC_0373_20140914075447932.jpg

しかし、ホイールベースの短いスマート、なかなかリフトポイントが見つからない・・・・
まともにやっては上げれないので、知恵の実を駆使してなんとかリフトアップ・・・

DSC_0374_20140914075435f55.jpg

大活躍の半下ろし棒・・・今回もお世話になります
DSC_0375_20140914075433aa3.jpg

このブレーキホースと、ABS配線を留めている所をフリーにすると、最大限下ろすことが出来ます。
ここを緩めてないと、ブレーキホースが伸びきってしまいます。

DSC_0378_20140914075429713.jpg

インタークーラーに繋がっている、タービンからのパイプを外して・・・・
DSC_0376_20140914075432d75.jpg

セルモーターを取り外すためには、インタークーラーを取り外します。
作業が楽に出来るように、スロットルも取り外します。この時に、エアコンコンプレッサーを外して吊っておきます。

DSC_0377.jpg

前準備が終わりましたので、楽な体勢で潜って作業できるように、上昇!!
DSC_0385.jpg

やっぱり、リフトを使うと楽チンです!下からも丸見え・・・・・
DSC_0379_20140914075349f5f.jpg

まず邪魔なホース類を取り外し、ノックセンサー、セル取り付けボルト、セルプラス端子&B端子を外すと
簡単にセルモーターが出てきます。
出てきたら、ウォーターポンプブロックとサーモも取り外します。

DSC_0380_201409140753481bc.jpg

これが摘出完了のパーツ類!!
DSC_0381.jpg

水ポンブロックの水ラインが、メッチャ綺麗ですね!
DSC_0382_201409140753454bf.jpg

ウォーターポンプ自体も綺麗でした。水管理はちゃんとしていた模様ですね!
せっかく新品があるのと、元の水ポンの回り方に引っ掛かりがあるようだったので交換!

DSC_0383_20140914075344b7d.jpg

補記類の無い状態で確認・・・オイル漏れ等も無し!!
DSC_0384_201409140753050ad.jpg

セル、水ポン、サーモ等を取り付けて、冷却水を入れて漏れ点検!・・漏れなし!
DSC_0388_20140914075259069.jpg

おそるおそるイグニッションオン・・・・「キュルルルルル・・・」と軽快な音とともにエンジンスタート!
そのままエア抜き、水漏れ点検・・・・問題なし!

DSC_0387.jpg

点検後に、エンジンを元の位置に戻して、タイムアップ!
青空リフトの泣き所、暗くなると見えません!この続きはまた明日!!!

オーバーヒートの爪あと
スマートのエンジン(600cc)はとっても頑丈だと思います。
オーバーヒートして、結構ダメージがあるようなエンジンでも
冷却水を入れて普通に走ることが出来ます。

今載せ替えてるエンジン、実はオーバーヒート歴のあるエンジンでした。
ばらしてみると、ヘッドもブロックもそんなに歪が出てませんでした。
面研量も0.05づつくらいで綺麗に出ました。

ヒートには強いエンジンですが・・・・・


実は、エンジン自体は耐えれても、インマニ等の樹脂部品にはきついようです。
これも見ていただけるとわかると思いますが
接合部分が溶けてしまってます。

DSC_0370_2014091019073566d.jpg

オーバーヒートさせてしまった時は、
その時はなんでもなくても、樹脂部品の確認が大事だと思ってます。

気になるオイル漏れ
オーバーホールして3800km走りました。
だいぶ馴染んできてるのか、日に日に調子上がってます(個人的感想です)
しかし、オイルパンからの漏れも無くなり安心してた所、
ヘッドカバーから、滲みどころじゃない感じで・・・・・・ガーン・・・


やっぱ、ヘッドカバーガスケットを交換だけではダメなの??
今漏れてる所は、右側のフロントカバー周り・・・・
とりあえず、ヘッドカバー外してオイルパンに塗った液状ガスケットを塗ろう

DSC_0204_201407131502033df.jpg

ヘッドカバー外す時に、インマニも取り外すからこのインジェクターのOリングも交換したい・・
通常、インマニ外すだけではインジェクターはバラさなくていいのだけれど、
こないだのOH時に違うのに交換したので・・・・・
しかし・・・・インジェクターのOリングのみの部品供給は無いらしい!

20140905_233413.jpg

ひとまず、オーリングをとりはずして・・・・
DSC_0360_2014090721214114d.jpg

測定して、ネットで検索してみた。
するとちょうどいいサイズのOリング発見!

DSC_0361.jpg

入手できたらヘッドカバーの時に交換してみよう