smart459(四国)のスマートライフ
viviviのスマートあれこれ・・・スマートって面白い!
プロフィール

vivi459

Author:vivi459
459で楽しいスマートライフ✌('ω'✌ )

ありきたりのものでは満足しない、マニアです!

見たり聞いたり…参考にはするけど、やってみないと納得できない性分です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


マフラー交換・・・想定内のトラブル
今日は朝から快晴です・・・昨日までの雨で湿気が("^ω^)・・・熱い
早速、朝早くよりマフラー交換作業開始です。


サクサクっとパネルを外し、マフラーを外しました!
あっ・・・気づいちゃいました。
なんでホイール外して、タイロッド外して、ジャッキアップしてるのか・・・・???

DSC_0068_2016062615321256f.jpg

はい、こういうことですねぇ・・・(´;ω;`)ウゥゥ
前回のエキマニ交換の時に、マフラー取り付けスタッドボルトが
いやぁーな感じに固かったので、「折れるかなー」と思ってました。
だけど、慎重に締めたり緩めたりを繰り返して、なるべくおらないように
頑張ってましたが・・・・折れちゃいました!
ナットは取れてましたので、いらんことせんかったらよかったのですが
新品スタッドボルトにしたかっただけなんです・・・・後の祭り!!

DSC_0067_201606261532138bf.jpg

ここで、職人技が出ます
ドリルの刃先がすぐへたって来るので、サンダーにて刃を研ぎながら穴開けしてます。
やみくもにやっても駄目ですよ・・・長年の経験値です!!
穴開けを下からすると、力も入るしまっすぐに穴が開きやすいです。
ということで、ジャッキアップしてるんですね!

DSC_0072_20160626153214655.jpg

手持ちのタップがぼろかったので、ホームセンターにて購入!
459のみんなぁ・・・・エキマニのスタッドボルトのタップはあるよぉ ( ´艸`)

DSC_0069_20160626153215ffb.jpg

なんなく完了です・・・よかったよかった!
DSC_0070_20160626153217fc4.jpg

もうここから先は特に大したことはありません!
マフラーが無事装着できました。
位置出しが、めんどくさいとか・・・・そんなこともなく適当にやればできた!

DSC_0071_20160626153347816.jpg

パネルを戻して、いざ出動!
後ろの黒いやつにマフラー出口が当たるので、とりあえず・・・ぽぃっっ!

DSC_0077.jpg

綺麗なバランスで取り付けできてる・・・よね!
DSC_0079_20160626153349fd9.jpg

これで後姿も、なかなか見栄えするでしょう!
DSC_0078_20160626153350748.jpg


さて、それではラガゾンマフラーのインプレを・・・・
まずは音量・・・最初は「まぁそんなにうるさくないね」と思ってたのですが
エアコンかけてアイドルアップすると・・・・まぁまぁうるさいじゃないですかぁΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
走行中も2000rpmまではそんなに気にならないけれど、3000rpmからは・・
僕にとっては  爆音  !!
それでも、中高回転域が気持ちよくなれば・・・・でもうるさくて踏む足に力が入らないΣ(´Д`*)
もうちょっと、音になれて来たら踏んで試してみます。
今日のところは、静かで瞬発力のあるノーマルマフラーに軍配ですね!
ただ、ちょっとだけ回した時の高回転のふんずまり感は消えてました。


燃調の方も、若干変化してるので再度セッティングが必要!!
トルクが落ちているのか、燃調のせいか、はたまた爆音による気のせいなのか???
そんなに速くなってるとは・・・・・????
圧倒的なメリットが無ければ、ノーマルに戻すことも検討します。
とりあえずは、このまま様子を見ていきます


あっ・・・今日記念の「123456」・・・通過しました
DSC_0080_2016062615335270f.jpg

スポンサーサイト
マフラー考察・・・そして!
最近「マフラー替えるとだいぶ違うのか??」と切に考えるようになってきた
今まで、ノーマルの静かさにかたくなにこだわってきましたが、
中高回転域のふんずまり感を無くすため、一歩踏み込んでみましょう!!


元々、マフラー交換するならワンオフ制作にてオリジナルマフラーを・・・・
と考えておりましたが
ショップ曰く「造ってみないと性能は分からない」との事でした。
ワンオフのコストと未知数の性能・・・・ちょっと不安ですので、とりあえず市販品を・・・



早速、セカイモンで探してみました。
これは「ノーバススポーツサイレンサー」・・・
金額的にもお安いのですが、マフラー自体がスチールのアルミメッキのようです。

$_57.jpg

これは、「Auspuffanlagenkoeln」というメーカー・・・らしいです。
このセンター2本出しは、定番中の定番なので避けたいところですね!

$_57 (2)

ということで、こいつも見つけました。
同じメーカーのセンター1本出し・・・これは、館長のちび号以外では見たことない!
ただ、どう見てもスチール製じゃろね・・・!
でもこのメーカーのマフラーはとにかく安い (*≧∪≦)

$_57 (3)

しかし、国際送料がかかると結構な金額に・・・
それはいいとしても、マフラー自体の性能が分からないので・・・
やっぱ、そんな冒険はできないよねぇ!!
そこで、ヤフオク等を検索してみました


「ブラバスマフラー」の中古・・・!
この性能はみなさんご存じでしょうけど、なんせ商品の状態の割に高い・・(;゜0゜)
まぁ、しょうがないんでしょうねぇ・・・新品・・うん十万らしいですからね!

F7862a.jpg

「ASSO Racing」のマフラーです。
ASSOのマフラー・・・これ、形状は違うけど館長の☆がこのメーカーやったような・・・!
性能は良さそうだけどたしか館長・・・爆音好みだよね?
あまり爆音だと・・・困ってしまいます

tttsss8_8-img600x449-1349171720uivtn471584.jpg

「LIANG FEI」のマフラーです。
ブラバスのセンター2本出しの様な外観ですね!
お値段的にも若干お安くて、オールステンレス・・・・(゚∀゚)
ただ、中華製というのがひっかかって・・・・性能は???
見た目は一人前・・でも中身は・・・というのをいやというほど味わってますので!!

450x360-2014040800229.jpg

「ラガゾン」センター2本出しです。
このマフラーは、結構装着インプレ等出回ってますので性能はOKかと!
見た目もステンのポリッシュで・・・綺麗!

o0800053112068555740.jpg

ヤフオクとか、ショッピングで見つけられたのはこれだけです。
僕的には、もっと個性のあるマフラーを装着してみたいのですが、
今一度、マフラー交換の意義を考えてみました。
「エンジンの性能をフルに活かしてみたい」というのが始まりです。
見た目オンリーで、性能が伴わないと本末転倒ですよね!


そこで「ラガゾンセンター2本出し」に気持ちが傾き商品説明を読破!!

ラガゾン(Ragazzon)スマート専用スポーツマフラーの特徴:
・性能(中高速のトルクアップ、伸び)性の向上、
・耐久性(スプリングを取り付けブラケットボルトに採用)が他社品
にくらべてダントツ、
・サウンド(欧州規制基準に合致したレベル)
いずれをとってもスマートフォーツーのアフタマーケットマフラーでは
No.1の実力の商品です。


おーぉ・・これはいいかも!!ヽ(≧∀≦)ノ
最後まで商品説明を読んでいると、「700ccブラバス用も1台のみあります」
なんだとぉ・・・速攻メールしました・・返事は・・


現在当店に1台のみ、ステンのサテン仕上げになります。
ラガゾン社(イタリア本社)にも在庫なしで、今後の生産はありません(廃盤扱です)


そんな廃盤扱いとか言われたら・・・・めっちゃ欲しい!
まぁよくよく考えたら、450ブラバスに乗ってる方が、わざわざラガゾンにはしないんでしょうねぇ!

しかし、ブラバスマフラーの代替え商品ということだけでも、性能に期待できそう!


ということで、買っちゃいました。
DSC_0064_201606251632299f9.jpg

450用と違って、ステンのサテン仕上げです。
見た目わからなくなるから、ポリッシュとサテンに分けてるのかな?

DSC_0065.jpg

商品シールには間違いなく「スマートブラバス」と入っております
DSC_0066.jpg

僕が、ブラバス用に拘った訳は・・・タービンがロドスタ用だからです。
ロドスタ用のエキマニ出口は大きく、スタッドボルトもピッチがひろい!
これで、何の加工もなくマフラー取り付けができます。
というか、性能的にも入り口の大きなマフラーが・・・ね!

今日は夕方まで雨でしたので、装着は・・・明日です




シート台座、ローダウン加工
シートをレカロに変えてから気になっていた、ポジションの高さ・・・!
最近では慣れてきたのか、違和感も少なくなってきていましたが
やはりローダウン、体験してみたいのでやってみました。


このノーマルシート台座を加工してローダウンにします。
DSC_0048_201606191008358ad.jpg

もうやると決めたら躊躇なくぶった切ってしまいます。
最初は、カットする寸法を気にしながらジグソーを使ってカットしていたのですが
あまりにも「辛気臭い」ので、途中よりサンダーに切断砥石を付けてカット・・!
だいたい30㎜程度カットになってます(この後グラインダーで仕上げてますのでもうちょい下がるか)

DSC_0049_20160619100837e1a.jpg

カットした間を抜いて、シート土台と車体取り付け部を溶接します。
溶接後、サンダーで溶接面を適当に均してシャーシブラックにて塗装!

DSC_0051_20160619100837306.jpg

シート下の隙間はこのくらいです。
DSC_0054_20160619100840013.jpg

台座の後ろ側のボルト穴は、長穴・・というか切り欠きにカットしてます)
本当は、溶接する部分で調整したかったのですが
ここで調整すると、位置的にうまくまとまらずシート後ろの穴で吸収しました。
特注・・・製作したスペーサーを切り欠きの上で固定してます。

DSC_0053_201606191008380b8.jpg

左がカット前のシート高さ!!
右が加工後・・・シフトや、助手席との位置関係を見ても明らかに下がりました。

DSC_0046_20160619101035eec.jpg     DSC_0057_20160619101036337.jpg

助手席側から・・・だいぶ下がっていい感じです。
DSC_0058_2016061910103740f.jpg

カットする前のシートポジションです。
膝の部分が高いので、アクセル、ブレーキに足が届きにくくこのくらい前にしてました。

DSC_0062.jpg

カット後は、膝の部分が低くなって足が届くようになり
このくらいシートを下げても充分アクセル、ブレーキ操作ができます。

DSC_0061.jpg

ローポジション化して意外といろいろ変わりました。
まずは、目線が下がったので追加メーター等がちょっとずれました。
頭上もかなり余裕ができてます

ただ、これも慣れれば違和感なくなるでしょうけど
ハンドル位置が若干高いのが気になること…これも下げたくなります。


ワーゲンビートル
こないだいつもの工場に行ったらビートル修理していた。

いやぁ、ビートルも味があっていいよねぇ!
DSC_0045_20160618231600d32.jpg

これがビートルの空冷エンジン・・・・
この冷却ファンあたりから音が出てるとの事・・・

このままでは手を付けようがないのでエンジン降ろすようです。
なんかスマートと同じですね・・・ボルト4本で降りるらしい・・やっぱ同じだ!

DSC_0025_20160618231602d0b.jpg

はい、エンジン降りました。
DSC_0026_20160618232231d95.jpg

比較的簡単に下せるもんなんですね!
ただスマートと違うのは・・・・エンジン重いわ(♯`∧´)
もちろんお手伝いなので、大したことはやってませんけどね!

DSC_0027_201606182322333a5.jpg

エンジンの無くなったリアエンジンルーム!
DSC_0029_2016061823160557e.jpg

ミッションが普通に車体に残ってます
DSC_0028_2016061823160320a.jpg

部品等の発注・・・納品まで一休み・・・かな1
DSC_0044.jpg

いやぁ、いろんな車の修理風景見てるのも飽きないものですね!
特に、自分でするわけではないので気楽に見ていられます。

お手伝いは、嫌ではないので頼まれれば喜んで・・・(っ*^ ∇^*c)


お片付け
今日は朝から雨が降ったりやんだり・・・・ほぼ降ってます(T_T)
特にやることも(あっても出来ない)無いので、物置の整頓を開始!!


雨は降り続けてますが、物置にしまっている物を軒下に引っ張り出しました
DSC_0030_20160612153913885.jpg

このミッションはずっとここに放置してました
DSC_0031_20160612153914941.jpg

さて、まずは中の棚より整頓していきますか・・・
いつでも使うことができるように、ブースターは取り出しやすい所にしまいます。

DSC_0035_201606121539158d3.jpg

エンジンオイル、ATF、スーパークーラント等は一番下に・・・
DSC_0036.jpg

一番奥のボックス・・・3箱あるうちの一つには、ネジやらなんやら・・・
いずれ処分しないといけないとは思ってますが、貧乏性で・・・

DSC_0037.jpg

こちらの箱には、オルタ、スタータ、電動ファン等の補機類が入ってます。
何かあった時のためのストックですが、まぁ、何かはなかなか無いですね!

DSC_0038_20160612154008f99.jpg

こちらはブレーキ関係・・・いずれリアディスク・・のために保管中!
今のところ、やりたいのは山々なのですが、やる気がもうちょっと・・・・!

DSC_0039_201606121540102f9.jpg

一番場所をとっているエンジンスタンド・・・
DSC_0034_2016061215401152c.jpg

いずればらそうと思っていたのですが、1年以上放置か・・・
DSC_0033_2016061215401312e.jpg

シリンダーの状態も悪くないんだけどなぁ!
DSC_0040_20160612154014b82.jpg

いろいろと考えてみました!
これから先、再びエンジンばらすことはないであろう・・・ということで
エンジンスタンドからエンジン降ろしてスタンドをコンパクトにしてしまっておきます。

DSC_0042.jpg

一時的に物置にしまっておきますが、エンジン、ミッションはもう処分かな!
もうエンジンスタンドを使う機会も、当分ないと思われますので・・・これも処分???

DSC_0043.jpg

いずれ箱の中にある補機類等も処分しないといけないのでしょうねぇ?
必要最低限のパーツだけを選定するのは難しいけど、置くとこ無くなっちゃいますので・・・!!

次回は、室内押し入れに眠らせているパーツの整理整頓です


リアセンターパネル・・・小細工
今年の初めころに、前もって準備していたリアセンターパネル・・・!


ヤフオクで見つけたこのパネル・・・
FRPなので、割れには強いので思い切って購入しましたが、
僕の知っているFRP製のパネルと比べると、デザインが・・・・(´・_・`)

DSC_0637_2016061119552891e.jpg

そこで、「穴でもあけてみるかぁ」とこいつを購入!

DSC_0018_20160611194900758.jpg

あける材質は、プラかFRPなので木工用で十分です。
DSC_0017_2016061119490080d.jpg

このホルソーは、刃物を付け替えると数種類の大きさの穴があけられます
DSC_0016_2016061119490204d.jpg

2種類の大きさの穴を6か所あけました。
・・・・・・・なんか物足りないのと、このジグソーを借りたので
長方形穴抜きに思い切って挑戦してみました

DSC_0020_2016061119490325c.jpg

適当に4カ所穴開けをして、ジグソーで切り離していきます。
だいたいこんな感じで・・・その後ベルトサンダーにて広げていきます。

DSC_0019_20160611194940547.jpg

さすがFRPなので、サクサク削れていきます。
コーナーが丸くなってしまいますので、最終的にはヤスリがけにてエッジを・・・・!

DSC_0021_20160611194943711.jpg

はい、大まかに出来上がりました。
DSC_0023_20160611194944150.jpg

角穴のダクトは、裏にリブを入れたいですね・・・元穴のように!!
DSC_0024_20160611194946726.jpg

まぁね・・・あまりセンスがないもんで、こんな程度です。
ただこれは、塗装をすると普通に見えてくる予定ですので・・・・・



インタークーラー
「もっとパワーを」・・・・と考えた場合、
次に何かやるところがあるとするならば、吸入温度・・・・


ということで、スマートのノーマルインタークーラーをばらしてみましょう
インタークーラーの上下のプラ部分はこのツメ的なもので留まっているだけです
これをマイナスドライバー等で起こします
所詮アルミなので簡単に起きてきました。

DSC_0001_20160605165701a02.jpg

全周をこのように起こしていくと・・・
DSC_0002_20160605165703453.jpg

はい、これでコア内部が見えてきました。
見る限りスマートのインタークーラーはなかなか出来のいいコアだと思います

DSC_0004_20160605165704c29.jpg

さてこのスマートのインタークーラーですが
通常のインタークーラーと違い、下側に入り口出口が並んでおります。

想像通りですが、入り口出口の間には仕切りが入ってます。
それで、右側8本を通り上に上がり、左側7本を通り出口に向かいます。

これってどうなんでしょう???
せっかくこの幅のインタークーラーなのに、半分づつしか通過できない!
下から入った空気がこのインタークーラー幅いっぱいに通過して
上から出てくるようにしたら、冷却効果は上がるのでしょうか?

DSC_0006_20160608220024ba1.jpg

この出口を塞いで、真ん中の仕切りをとっぱらってしまえば・・・
これを二つ用意して上下に・・・

DSC_0005_2016060516575103c.jpg

この上の部分と、下の部分はコアに留まる部分は同じものです。
DSC_0009_20160605165750330.jpg

これで何も変わらなければ、次は容量アップ化・・・
社外の何かを流用して腹下にでも持っていきます。

妄想は尽きない・・・(〃艸〃)ムフッ


左足ブレーキの是非
最近になってですが左足ブレーキが気になってます。

以前も気になって試してみたのですが
ノーマルシートでは、ホールド性が悪く姿勢が安定しないので・・・・

しかし、レカロ・・セミバケですがかなりホールド性はいいです。
このシートにしてから左足でブレーキ踏んでも姿勢が不安定になりません。

DSC_1010.jpg

これが通常・・・(通常とはいえないかな・・・攻めている時ですので!!)
ブレーキングと同時にシフトダウンする時とかには、この「ヒール&トウ」
スマートでシフトダウンするとワンテンポ遅れてギアが変わります。
しかし、シフトダウンする瞬間にアクセルを煽ると、圧倒的にギアの変わり方が速くなるのです。

これは新型アルトRSにも搭載されている
「ブリッピング(エンジン吹かす事ね)」でもお分かりかと思います。

DSC_0008_20160605165659b27.jpg

せっかくクラッチがないのですから、
左足でブレーキ踏めば、この作業も楽になるはず・・・・
しかも、ブレーキング中にアクセル踏めれば、ブースト落とさずに
次の立ち上がりに備えられます・・・まだやったことないですが・・!

DSC_0007_201606051657013db.jpg

だけど一つ問題が・・・
まぁ慣れてしまえば何でもなくなるのかもしれませんが

ブレーキペダルが若干右側・・・アクセルペダル寄りです
ロドスタの右ハンドルなら、かなりペダルが左よりなんでやりやすいのですが (゚д゚)

まだ始めたばかりなので、慣れている最中なのですが
意外と繊細なブレーキングも出来ているようです・・パニックはまだですけどね!


ネットでも賛否両論ある左足ブレーキですが、実際どうなんでしょう?



トラブル発生・・・・からの復活
それは月曜日の通勤途中に突然やってきました。

走行中なにげにインパネ見ると・・・
あれっ、ABS、サイド、ウィンカーが点灯してます。
よくよく見ると、走行しているのにメーター動いていない・・・なんじゃこりゃぁぁぁΣ(゚д゚|||)

DSC_1057_201606011857117fe.jpg

それでも走行できているので、会社についてから・・・
と思っていると、信号待ち中に3本線が・・・・ガァーン!!
このままではクラッチ繋がらないので、エンジン切って再始動しようとするも・・・
今度はイモビにけられて始動不可・・・・。゚(゚´Д`゚)゚。
なんとか信号の向こう側のコンビニまで押しました。

DSC_1062_20160601185712ec8.jpg

実はこの症状、ある程度原因の予想はついておりました。
以前、ダッシュボードの張り替えをした時にイモビ解除できなくてエンジンがかかりませんでした。
その時に、インパネのコネクターを挿し直すと・・・復旧できたのです。

また後日、宇和島に行った時には走行中・・・・今回同様の点灯現象・・!!!
その時にもメーター裏、コネクター差し直しにて…事なきを得ました。

なぜメーターカプラーが・・・実は心当たりがあるのです |д゚)チラッ


これがvivi号のメーターカプラーです。
そう・・カプラーを挿し込みロックさせる部品が欠落しているのです。
これは何年か前に初めてメーターを取り外した時に、要領が分からず壊してたんですね
それで、仕方ないのでただ挿し込んでいるだけだったので、
走行中等の振動で緩んでいたのではないかと・・・・????

DSC_1059_201606011857131ae.jpg

これは、日曜日にセントラルの部品取り車より頂いていたメーターカプラー・・
うぅーーん、我ながら何というベストなタイミング (´∀`*)
これの配線を繋ぎなおして・・・しかし大変だなぁ・・・と思っていたのですが・・

DSC_1058_201606011857156fd.jpg

よくよく見ると、なんかロック部分のプラスチックがばらせそうでした。
精密ドライバーを駆使し、どのようになっているのかを理解すると・・・はい外れました。
このロックカプラーに、コネクターが収まってる形状になってました。

DSC_1060_20160601185716528.jpg

と、いうことで、vivi号のコネクターにロックカプラーがセットできました ヽ(≧∀≦)ノ
DSC_1061_20160601185725ff4.jpg

その後、メーターに固定してはや2日経ちましたが・・・いまのところバッチリ!
多分もう大丈夫かとは思いますが・・・思いたい!!

カプラー交換後は、プラシーボかもしれませんが、ますます調子よくなった気が・・・・