smart459(四国)のスマートライフ
viviviのスマートあれこれ・・・スマートって面白い!
プロフィール

vivi459

Author:vivi459
459で楽しいスマートライフ✌('ω'✌ )

ありきたりのものでは満足しない、マニアです!

見たり聞いたり…参考にはするけど、やってみないと納得できない性分です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


依頼用流用ビックスロットル組み付け動作確認
来週には装着しないといけないので、本日動作確認しました

まずは、スロットルの洗浄をします。バタフライがえらいことになってます。
DSC_0681.jpg

灯油を入れて、この中でスロットルを歯ブラシで丸ごと洗います。
外観は綺麗に出来ますが、このままではバタフライ部がきれいに洗浄できません。

DSC_0682.jpg

センサー部のカバーを外すと、バタフライの開閉動作ができます。
バタフライのシャフト自体は戻り用のバネが効いているのでかなり硬いですが、
モーターとの中間ギアを回せば簡単に開閉できます。

DSC_0684.jpg

スロットル洗浄で大事なのはここです。
スロットルボアとバタフライが密着するここに、カーボンが付着するとアイドリング不安定等の不具合が発生します。
バタフライが当った後がそのままカーボンの塊の線状になってます

DSC_0689.jpg

バタフライが開いていると、きれいに出来ます。
バタフライ自体も洗浄しやすいですよ!

DSC_0685.jpg

スペーサーは前回作ったvivi号の試作品より半分の厚みで製作。
DSC_0672.jpg

今回はOリング使用で、繰り返し取り外しが楽になってます
DSC_0674.jpg       DSC_0675.jpg

スペーサーが極薄になったので、普通のボルトは使えません。
ということで、「低頭&小頭」ボルトを使います。

DSC_0678.jpg

仮付け・・・・なかなかいい感じ・・・
DSC_0680.jpg

前回は液状ガスケットを塗って・・・・
しかしこの方法では、取り外しに毎回液状ガスケット塗らないといけない
なにより、接着剤のようにかなり引っ付いていて外れない!

DSC_0476.jpg

Oリング方式・・・繰り返し取り外し取り付けしても大丈夫!
DSC_0692.jpg

完成!!!
ノーマルのICホースをそのまま取り付けすることが出来ました

DSC_0693.jpg

では、1発目のエンジン始動を・・・・


いやぁー、何事も無く普通にアイドリングしましたね!
面倒だったので、センサーカバー部はopelのままなのですが・・・・
やっぱり、バタフライのカーボン取りを実施したのは無駄ではなかった。
前回は、バタフライは弄らなかったので
初期始動時には、多少なりともハンチング&アイドリング高め・・の症状がありましたが
これノーマルと変わらない感じですよね!
もちろん3台とも確認しましたよ
 
これで来週装着しに行くことが出来ます。
スポンサーサイト

コメント

よしよし、ごくろはんv-218

[2014/04/21 06:17] URL | 館長 #- [ 編集 ]


一気に3台はしんどいね(*_*)
やっぱ現物合わせの加工は1台づつがええな(^.^;
[2014/04/21 12:34] URL | vivivi #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vivivi459.blog.fc2.com/tb.php/197-f2a0ce38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)