smart459(四国)のスマートライフ
viviviのスマートあれこれ・・・スマートって面白い!
プロフィール

vivi459

Author:vivi459
459で楽しいスマートライフ✌('ω'✌ )

ありきたりのものでは満足しない、マニアです!

見たり聞いたり…参考にはするけど、やってみないと納得できない性分です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


バッテリー終了・・・・也
入院中の出来事、エンジンかからなくなってました。
退院後、充電、再度挑戦するも・・・・ダメでした。


満充電のサイン、(緑)なんだけどね
DSC_0333.jpg

新旧バッテリー・・・電圧を測定してみます
DSC_0336_20140823210743f48.jpg

テスターを用意して・・・・あれっ、0点がずれてますね。これでは正確な電圧が・・・
DSC_0331_2014082321065887b.jpg

ということで、ドライバーにて調整・・・
DSC_0332_201408232106597d3.jpg

まずは、ダメなバッテリーの電圧を・・・11.0v
あれっ、完全放電かと思ってたのにな

DSC_0334.jpg

新しいバッテリーは・・・12.5v
1.5vしか違わないのに、11vではセルも回らないんだ・・・ちょっとビックリです。

DSC_0335_201408232107038e8.jpg

オルタネーターも発電量も測定しました・・・13.5v
エンジンかかってバッテリーの端子外してますので、純粋なオルタの発電です。
エアコンつけて、ヘッドライトを点けて、負荷をかけてみるも安定してました。

DSC_0338.jpg

この結果がどうなのか調べてみた所、こんな記事を発見!!

一体正常なバッテリー電圧とはどれくらいのものでしょうか。通常、新品のバッテリーは12.5V~13V未満の電圧を表示します。これが正常なバッテリー電圧となります。

ですが、使用を続けているとバッテリーは劣化し、オルタネーターが正常に機能していたとしても、適正な電圧を維持することができなくなってきます。12Vを切るような状態では、かなり劣化は進んでおり、11V台前半にまで電圧が落ちてきているようであれば、条件によってはエンジンの始動が困難になります。つまり、バッテリーの寿命です。

このようにバッテリーの電圧を計測すれば、バッテリーの状態をかなり正確に把握することができます。また、エンジン始動後の電圧も合わせて計測すれば、オルタネーターの発電状況も確認することができます。ちなみに正常なバッテリー・オルタネーターの組み合わせでは、エンジン始動後の電圧は13.5~14Vくらいになります(電装品を使用している場合は、その分低く表示されますから、すべての電装品をOFFにして確認してください)。

エンジン始動後の電圧が13Vを切っているようであれば、バッテリーかオルタネーターが劣化していることが考えられます。ただ、オルタネーターのトラブルの場合は、発電量が減るというよりも、全く発電しなくなることの方が多いので、それ以前に気付くかと思いますが……。エンジン始動後の電圧が低い場合も、バッテリーの劣化によって十分な電圧を保持できなくなってきている可能性が高いといえます。


この記事の信頼があるとするならば、問題無しでしょう・・・よかったよかった!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vivivi459.blog.fc2.com/tb.php/219-c3b620f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)