smart459(四国)のスマートライフ
viviviのスマートあれこれ・・・スマートって面白い!
プロフィール

vivi459

Author:vivi459
459で楽しいスマートライフ✌('ω'✌ )

ありきたりのものでは満足しない、マニアです!

見たり聞いたり…参考にはするけど、やってみないと納得できない性分です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


コンロッド三次元測定とアクチバラシ
今日は午前中だけ休日出勤だったので
コンロッドの歪がどのくらいなのか、測定してみました。


これがうちの会社にあるミツトヨの三次元測定器です
形状をデータ上で立体的にとらえて様々な測定をおこなうのが三次元測定機です。
JIS B 7440では「互いに直行する案内と、案内の移動量を求めるスケール及びプローブをもち、
それぞれの移動量からプローブの三次元座標値を求めることができる機械」と定義されています。

DSC_0600_20170211171230c3a.jpg

こちらのPC画面上に測定結果が表示されます。
DSC_0601_20170211171231e76.jpg

コンロッドの大端部から小端部までの距離&平行度を測定します。
DSC_0602_201702111712325a1.jpg

昨日バラした曲がってないであろうコンロッド・・・・
大端部から小端部までの距離・・114.013㎜
たぶん、設計上は114.0㎜なんだと思います。+0.013㎜

DSC_0603_2017021117123371c.jpg

平行度は0.006㎜・・・いわゆる6ミクロンですね!
DSC_0606_20170211171329ada.jpg

次は、かなりカタカタしていたコンロッド・・・
大端部から小端部までの距離・・113.826㎜
曲がっているので0.174㎜も短くなってます。

DSC_0604_20170211171235736.jpg

平行度は、-0.69㎜ ‼
DSC_0605_20170211171330cdb.jpg

しかし、違和感を感じたり、
「カタカタ」具合でもっと曲がってるのかと思ってましたが
これくらいとは・・・・人の感覚ってまぁまぁ敏感なんですね。


この測定の工程は、僕が趣味でやっているのと
環境に恵まれているからやっているだけです (*^^)v
自己満足なので、コストも時間もどーでもいいですからね!
仕事でやったとしたら、チューニングショップじゃないのでここまで手掛けられないでしょう!


午後からは、若干暖かい気がしたので・・・(寒いは寒かった)
これの裏蓋取りの作業をしておきました。

DSC_0607_201702111713324c2.jpg

この5カ所のリベットの頭みたいなのをサンダーで飛ばします。
DSC_0608_20170211171333c18.jpg

あとは地道に細いマイナス2本をうまく使って抉ると外れます。
多少は裏蓋が曲がってしまいますが、元に戻す前に直せばOK('◇')ゞ
通常だと、ロッドが引っ込んでるのでこの状態ですね!

DSC_0609_20170211171335ae8.jpg

このままではギア及びスプリングを取り出せないので
ラジオペンチ等でギアをロッドが出る状態のところまで回してやります。
これで、すべてが取り出せます。

DSC_0610_20170211171352a20.jpg

とりあえず全部外せたので、近いうちにタップを・・・
DSC_0611_201702111713538c9.jpg

明日も暖かければ、ブレーキスイッチでも変えてみようかなぁ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vivivi459.blog.fc2.com/tb.php/427-a31dc200
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)