smart459(四国)のスマートライフ
viviviのスマートあれこれ・・・スマートって面白い!
プロフィール

vivi459

Author:vivi459
459で楽しいスマートライフ✌('ω'✌ )

ありきたりのものでは満足しない、マニアです!

見たり聞いたり…参考にはするけど、やってみないと納得できない性分です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


プロジェクター・・・バーナー空焼きと光軸
来週のヘッドライト交換に備えて・・・・

フロントパネルを取り外して・・・
DSC_1240.jpg

ヘッドライトも取り外し、プロジェクター用のバーナーを空焼き!
DSC_1241.jpg

5分ほど焼き入れしたら、プロジェクターに装着・・・ヘッドライトを仮付け!
DSC_1244.jpg

大まかに上下左右を調整しておきます。
残念ながら、CCFLが片方点かない・・・(;´Д`)
無しにするか、交換するかはまた考えます。

DSC_1245.jpg

来週、ポン付け交換できるように光軸も出しておきます。
DSC_1246.jpg

今回のプロジェクターは、かなり光量もあるようですので明るそうです。
DSC_1247.jpg

ヘッドライトのウィンカーもLEDに交換です。
DSC_1248.jpg

しかし装着しても点灯しません。
テストでは点きましたのでなんでだろうとソケットを見ていると
あちゃぁー・・・真ん中がマイナスになっておりますねぇ(-_-メ)

DSC_1242.jpg

はい、カプラーの端子を入れ替えます
DSC_1243.jpg

ハイフラ防止用の抵抗を取り付けてテスト…無事点灯!
DSC_1249_201707081947424ea.jpg

さて次は、リフトアップしてしております。
DSC_1236.jpg

何をするのかというと・・・・・
フロントメンバー位置決めカラーの最終調整です。
メンバーの穴の大きさを測るための、ゲージを3本作ってみました。

DSC_1239_20170708194605de4.jpg

1本目はπ14.0でしたがこれはスカスカです。
このゲージはπ15.0です・・・若干の余裕はありますがいい感じです。

DSC_1233.jpg

これはπ16.0ですが、若干大きくて入りません。
DSC_1234_20170708194608d1c.jpg

ということは、造り直したバージョン2のカラーでピッタリです(*^^)v
後ろの半おろしするビームのボルトにも流用できるのか検証したところ
ビーム側の穴径が・・・・驚愕の20㎜・・・どうしようかなぁ・・!
ここは、半おろし前提の設計だから無理に造る必要も無いのかなぁ???

DSC_1235.jpg

そして最後はオイル交換!
いつもは手動のコロ助でやっておりますが、
せっかくの工場作業なので、文明の利器…拝借!

DSC_1250_20170708194840ea1.jpg

そこそこ汚れてますが、洗浄能力の高さでしょうか!
そう思っておきましょう(^^♪

DSC_1251_20170708194842b61.jpg

今回のオイルは、ザーレンガイア・・・0w-40です。
DSC_1252.jpg

なんかオイルの色が・・・匂いも普通と違う!
若干の不安もありましたが
交換後のアイドリングの静かなこと・・・(*'ω'*)
だいぶいいオイルなのかと期待してます。

DSC_1253_20170708194845557.jpg

明日はちょいっと野暮用で香川に行ってきます。
メンバーのカラーとオイルのインプレが出来れば・・・・

出張エンジン降ろし・・・in香川
今日はお天気も良く(良すぎて半分熱中症(;'∀'))絶好の作業日和!!
スマ友の住む香川まで出張作業に行ってまいりました。(*^^)v


場所は、こんな素敵なスマたちを飼っている方の所です。
DSC_1173.jpg

はい、作業班が揃いましたので作業スタートです。
FB_IMG_1497785395984.jpg

岡山、徳島、香川からも応援隊が到着しました・・・心強い(^^♪
DSC_1174.jpg

さて、慣れたものでエンジン降ろしは終わっております。
DSC_1167.jpg

しかし、降ろす場所が場所なので結構気を使ってます。
砂利で、ウマをかけても不安定なうえ・・・・・

FB_IMG_1497785405785.jpg

エンジンだけ降ろしても引っ張り出すのが大変そうなので・・・
DSC_1168.jpg

タイヤ付きで移動が楽できそうなこの方法にしました(*^^)v
DSC_1170_20170618205000634.jpg

おもての砂利置き場からの移動でも簡単です。
DSC_1171_20170618204959fa6.jpg

このまま奥の車庫に保管するようです
DSC_1169_201706182048239cb.jpg

こんな感じで鍬を挿し込めば、一人でも移動ができますね!
DSC_1172_20170618205001bd1.jpg

メインのエンジン降ろしが終わったのですが、まだまだ作業は続きます。
足回りを所望とのリクエストで、フロントリア共にショックスプリングはずし・・・・

うちのも頂きました。
ステアリングシャフト、ウィンドーレギュレータ左右、ワイパーassy,・・・・等々・・(^^♪
ありがとうございましたぁ(^_-)-☆








ヘッドランプ熱対策
いま製作しているヘッドランプの気になるところを・・・・

プロジェクターを入れるため反射板をカットしてます。
DSC_0928_2017043014300309c.jpg

これをそのままヘッドライト本体にセットすると・・・・
なんかこのままでは本体の樹脂が溶けてしまいそうで・・・
なので、この部分に耐熱テープを貼ろうかと画策してます。

DSC_1166.jpg

ということで、再びヘッドライトの反射板を取り外し!!
今は、耐熱テープが入荷出来て入荷出来てませんのでこのまま放置です。

DSC_1163_201706172303457c1.jpg

ついでなので、もう1セットのライトもばらしております
DSC_1162_20170617230348745.jpg

リフレクター・・・メッキと艶消し・・どっちがいいんでしょうねぇ?
僕的には、プロジェクターなので艶消しがベストかと・・(*^^)v

DSC_1165.jpg

うーーーん、こっちのヘッドライトレンズ・・・頑張ってみよかな?
なんか後悔する気がするけど、軽く磨いてみるだけだからね(;'∀')

DSC_1161_20170617230518e71.jpg

とりあえず、2セットともばらし終えました。
このまま綺麗に軽くお掃除して再度組み込みます。

DSC_1160_20170617230520a23.jpg

このツメの部分・・・・結構割れてます。
これって補修した方がいいんでしょうか?
綺麗に仕上げてたら、
もうブチルかなんかで接着でもいいのではないかと思っていますが・・・

DSC_1164.jpg


あと、ウインカーランプをLEDで製作予定です。
明日にでも耐熱テープ・・入手したい!
あっ…明日は香川や・・・・(^-^;




バックランプ不点灯修理
つい三日ほど前にバックランプがつかないのに気づきました。
なぁーんか悪いことしたかなぁ・・・・身に覚えもない(~_~メ)


バックランプが点かないとちょっと危険なので
岡山の御大様にヘルプ・・・
助言を頂き、バックランプまで電気が来てるのか調査・・!
電気は来てなかったのですが、
送って頂いたファイルを開くもバックランプのヒューズも見当たらず・・・・!

DSC_1116_20170603222202dd6.jpg

本日、ちょっと連絡事項がこちらにあったものですからもしかしたらと問い合わせ!
親切丁寧にお相手下さりまして感謝しております。
とりあえずもう、心当たりはシフトの基盤しか思いつかないので
思い切って交換してみました。

DSC_1117_20170603222204961.jpg

ビンゴでしたぁ・・・(*^^)v
やっぱり当初の予測通りのシフトでしたね・・!

DSC_1118_2017060322220515a.jpg

点灯を確認しましたので
シフトをばらして小細工を少々・・・・(^_-)-☆

DSC_1119.jpg

不良のシフト基盤とにらめっこ・・・・特に焼けた跡もなく・・!
あっ・・・赤○のところ、電子部品無くなってますね(@_@)

DSC_1120_20170603230843f04.jpg


原因は分かったけれど、こうなった理由が分からない!
ただの経年劣化でしょうか????

まぁ何はともあれ、復活したのでよしでしょう(*´з`)




スロットルコート施工
vivi号の電スロは、Opelを流用しております
アイドリングのばらつきはそんなに気になりませんが
エアコンを入れた時に、若干異常回転上昇が気になります
スロットルバルブとボディの隙間が原因かもということで・・・


使用するのはこのスロットルコートです
バタフライとボディとの隙間を埋めるという優れもの!!

DSC_1107.jpg

電スロを取り外すため、ICホースを避けておきます。
DSC_1099_201705290616320d7.jpg

バタフライを動かさないといけませんので制御部のカバーを外してます
DSC_1102_201705290616311c2.jpg

こんな感じでバタフライとボディの隙間を無くすように塗っていきます
DSC_1105_2017052906163328f.jpg

初めての作業なので、手探りでやりましたが
付属の刷毛はでかいし、うまく塗れないし・・・・(~_~メ)

DSC_1103.jpg

これが施工前・・・
DSC_1101.jpg

こちらが施工後・・・多少は隙間が小さくなりました。
シャフト近辺の隙間はエアー吸い込みの原因だと思いますので改善の期待大!

DSC_1104.jpg

組み戻す前に、制御部とギア部の洗浄をしておきます
DSC_1106_20170529061714181.jpg

施工後のインプレですが多少ですが改善されました
ただ改めて施工のやり方を検索してみると・・・

「付属の刷毛は大きすぎるので別のもので・・・」
「モリブデンは沈殿しているので、使用前によくかき混ぜる」
「施工後は一昼夜乾燥させる」

うーん・・・・再度やり直してみます