smart459(四国)のスマートライフ
viviviのスマートあれこれ・・・スマートって面白い!
プロフィール

vivi459

Author:vivi459
459で楽しいスマートライフ✌('ω'✌ )

ありきたりのものでは満足しない、マニアです!

見たり聞いたり…参考にはするけど、やってみないと納得できない性分です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


エアバック警告灯消去
ハンドル交換でエアバック警告灯が付きっぱなしでした。
特に問題もなくあれでしたが、キャンセラー制作にて消去を試みました。


ハンドルを取り外して準備・・・!
DSC_1112_20170607191653ba5.jpg

OBDカプラーを取り外すとエンジンかからないので、配線を短絡させときます
DSC_1113_201706071916558cb.jpg

エアバックカプラーを取り出して・・・・
DSC_1108_20170607191651ef6.jpg

ここに抵抗を挿します。
テストの段階なのでさしておくだけです。

DSC_1111_20170607191653429.jpg

この、9.1Ωと7.5Ωの2w抵抗で試します。
DSC_1129_201706071930152f8.jpg

やり方もわかってきたので勝手にやらしていただいてます。
DSC_1115_201706071918329ef.jpg

結果を発表します・・・この抵抗値ではキャンセルできません(; ・`д・´)
DSC_1114_201706071916563b8.jpg

では、また違う抵抗値の抵抗を2種類テスト・・・!
この抵抗値は公表いたしません・・・・ということは・・・・(*^^)v

Point Blur_20170607_191404

まぁ抵抗の帯の色で抵抗値は分かりますからね!
DSC_1127_201706071917350cb.jpg

では、どうなったのか・・・・


警告灯も無事消去できました。(^^)/
DSC_1130_20170607191737057.jpg


エアバックキャンセラーはオートバックス等で1000円前後で売ってます。
それ買っちゃえば簡単なんですけどねぇ…(*´з`)
今回は、クリアできる抵抗値を知りたかったので・・・しかも1個30円位です。
いやぁ・・・勉強になりました。





液晶LED・・・復活
液晶の照明が点かないと走行中も見えづらく不便なので・・・

仕方ないので普通の3チップLEDで…と思っていましたが
押し入れの中に、元々使っていたハイパワーチップがありました。
残り4個だったので迷わず製作開始!!

DSC_0842.jpg

いやぁきついっす・・・ほとんど見えないものですからレンズ使用・・(*´з`)
DSC_0843_20170415235550473.jpg

LED駆動用基板も新たに造り直しました。
基盤と言っても、トランジスターでのスイッチングのための基盤ですけど・・・・

DSC_0844_2017041523555127a.jpg

早速装着・・・・さすがに夜は明るすぎてピントが合いません(;´・ω・)
DSC_0845.jpg

さぁーて・・・明日はちょっとリアパネルでも・・・・(´∀`*)ウフフ
タコメーター中身交換
今日は、何十年ぶりにトンでもなく寝てました
朝起きたのが11時半・・・もうすでに朝ではなく・・・
そこからまた横になると、気がつけば16時過ぎ・・・( ゚Д゚)


もう今日はこのまま一日寝て過ごしちゃおうかとも思いましたが・・・
すでに3000kmオーバーのオイル交換を実施!
今入れているオイルがカストロールの10w-50なので、
最近の気温に合わせてワコーズの5w40に交換!
やっぱオイル交換って変わりますよね・・・
ちょっと柔らかいオイルに替えただけなんですけど・・!

DSC_0333_2016103021171593b.jpg

タコメーターの動きが6000rpm過ぎるとこうなるので・・



とあるところで、タコメーターの基盤と表示部を入手したので交換しましょう!
まずは表示部を外しました。新しいのには「smart」のロゴが入ってます。

DSC_0336_20161030211716826.jpg

次に基盤部を取り外し・・・!
DSC_0334_201610302117172dc.jpg

僕の照明はオリジナルLEDですので付け替えてます。
DSC_0335_20161030211718edb.jpg

表示部と針を取り付けたら、ここで針の位置の確認をします。
エンジンかけてタコメーターが正常に動くのを確認します。
その後エンジンを切って針の位置を確認・・・700rpmあたりで止まってますね!

DSC_0337_20161030211720089.jpg

そこで、針の位置を0にします。
再びエンジンをかけて止めて、針の位置が0を確認したらOK!

DSC_0338_20161030211734a01.jpg

アクリルのカバーを取り付けて終了です。
DSC_0339_201610302117360ff.jpg

直っているのか試運転に・・・



はい、なおってませんねぇ(+o+)
タコのノイズフィルターが付いてないからなのでしょうか?
まぁ、6500rpm 付近が暴れるだけなので("^ω^)・・・


ウォータースプレースイッチ移設・・・
今日は常々思っていた「スイッチ押しにくいわぁ」を解消するために
スイッチの移設を検討、実施してみました。


ウォータースプレースイッチはメーター左前に設置してます
DSC_0307_201610161041251d1.jpg

このボタンを押すには、この様にハンドルの中から押す必要があり、
しかも、ハンドルから手を離し、場所を確認するので結構不安定になります。
これでは、本気走りの時にウォータースプレースイッチを押すのは無理・・(;´・ω・)

DSC_0308_2016101610412618a.jpg

メーター外側や、おむすびにスイッチ付けるとか・・・いろいろ考えましたが、
結局ハンドルから手を離し、目視確認して押す・・・ということは変わりません。

どうしたもんでしょうねぇ・・・と、目に入ってきたこいつに閃きました(^^♪

このワイパースイッチ・・・・引くとウォッシャースイッチになってます
これをウォータースプレースイッチに置き換えれば、
走行中でもハンドルから手を離すことなく、しかも目視不要です。
ウォッシャースイッチはどこにあっても問題ないでしょう!!

DSC_0306_20161016104123767.jpg

早速、ワイパースイッチ取り外しました
DSC_0305.jpg

どの端子がウォッシャー用なのか調べないといけません。
下側の左端の端子がACC電源というのは確認済です。

DSC_0302_201610161041004fb.jpg

では、検電テスターにて調べます。
このテスター・・・もう30年前位から使ってますが、まだまだ現役・・(*^^)v

DSC_0304.jpg

この様に、赤をACC端子に接触させて
ワイパースイッチを引いた時に通電する端子を確認します。

DSC_0303.jpg

端子を見つけることができましたので、車両側のカプラーの端子の配線を切断・・・
ウォータースプレースイッチの配線と入替完了です。


おーぉ、予想通り操作性は抜群ですね





パドルスイッチ交換
だいぶ前から左側のパドルの動きがおかしくて
スイッチがonに入りっぱなしでシフト出来ない・・・・調べてみたところ、スイッチの故障


仕方ないので左のパドルは外してました。
ちなみにこのパドルは、引いてシフトアップ、押してシフトダウンできますので
片側だけあれば使用できるのです。
だけど、両方ないとやっぱり使いづらいですわ(;´・ω・)

DSC_0293.jpg

ではでは・・ハンドル外してスイッチ交換開始です。
DSC_0296.jpg

この赤丸のスイッチが動かなくなっているやつです。
このスイッチはパドルの姿勢を保つためのダミーです。
奥のスイッチのみ配線してあります。

DSC_0297.jpg

また、このスイッチは日本橋のデジット・・・だったかな?
そこで購入したものですから、また近畿遠征かと心配してましたが
さすが俺・・・・予備を購入してました(*^^)v

DSC_0298.jpg

はい、無事なおりました。
DSC_0299.jpg

いずれは装着してみたい社外のハンドル・・・なかなか製作時間が・・・!!
DSC_0300_2016101422510203c.jpg

元に戻して・・・終了!
DSC_0301.jpg

僕は通常運転は、ハンドルは左手のみで操作してますので
この左パドルは結構必需品だったりします。

とはいえ、もっとゆっくりの時にはオートモードですが・・・(´∀`*)ウフフ