smart459(四国)のスマートライフ
viviviのスマートあれこれ・・・スマートって面白い!
プロフィール

vivi459

Author:vivi459
459で楽しいスマートライフ✌('ω'✌ )

ありきたりのものでは満足しない、マニアです!

見たり聞いたり…参考にはするけど、やってみないと納得できない性分です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


峠での検証
本日、腰の様子を見ながら、大丈夫そうなので
お昼頃に三坂峠を登ってみました。


まずは、ファンを回さずに登った時の油温です。
そんなにぶん回してないのでなんとも言えませんが104℃でした。
オイルクーラー無い時は120℃に迫る勢いでしたので
オイルクーラーの効果ははっきりと・・・・v(o゚∀゚o)v

DSC_0129_20160731174749351.jpg

ここでアイドリング状態でどこまで下がるのか、オイルクーラーファン回してみました。



数倍速ですが、4分足らずでここまで下がります。

次に、オイルクーラーファン回しながら登ってみました。
まぁ条件が同じではないですが、明らかに一段と下がりました。
実際は、クールダウンしてしまいましたので94℃くらいです。

DSC_0130_20160731174748a2a.jpg

では、気温36℃での松山市内の走行での油温の変化を見ます。
インタークーラーファン、オイルクーラーファン・・・スイッチオンです。

DSC_0131_20160731174747ba7.jpg

ファンを回していると、渋滞中はどんどん油温が下がってきますね(゚∀゚)
市内なので、そんなに走れませんが油温は最大で88℃弱でした。

DSC_0132_20160731174746412.jpg

ちなみにファン無しで走ると、ちょっとの距離でもこの程度になります
DSC_0133_20160731174745233.jpg

いやぁ・・・これ・・・これからの季節にはやっぱええすっよ!
油温が安定してくれるとパワー的にもプラスの体感が出来てますし・・・・
しかも、ホントに水温も引っ張られて下がってきますのでオーバーヒート対策にも一役!!!

ただ、こんだけファン回していると、バッテリーがちょいっと心配です。
バッテリー容量アップしてもいいんだけれど、オルタの交換しないと無理かなぁ!!


お片付け
今日は朝から雨が降ったりやんだり・・・・ほぼ降ってます(T_T)
特にやることも(あっても出来ない)無いので、物置の整頓を開始!!


雨は降り続けてますが、物置にしまっている物を軒下に引っ張り出しました
DSC_0030_20160612153913885.jpg

このミッションはずっとここに放置してました
DSC_0031_20160612153914941.jpg

さて、まずは中の棚より整頓していきますか・・・
いつでも使うことができるように、ブースターは取り出しやすい所にしまいます。

DSC_0035_201606121539158d3.jpg

エンジンオイル、ATF、スーパークーラント等は一番下に・・・
DSC_0036.jpg

一番奥のボックス・・・3箱あるうちの一つには、ネジやらなんやら・・・
いずれ処分しないといけないとは思ってますが、貧乏性で・・・

DSC_0037.jpg

こちらの箱には、オルタ、スタータ、電動ファン等の補機類が入ってます。
何かあった時のためのストックですが、まぁ、何かはなかなか無いですね!

DSC_0038_20160612154008f99.jpg

こちらはブレーキ関係・・・いずれリアディスク・・のために保管中!
今のところ、やりたいのは山々なのですが、やる気がもうちょっと・・・・!

DSC_0039_201606121540102f9.jpg

一番場所をとっているエンジンスタンド・・・
DSC_0034_2016061215401152c.jpg

いずればらそうと思っていたのですが、1年以上放置か・・・
DSC_0033_2016061215401312e.jpg

シリンダーの状態も悪くないんだけどなぁ!
DSC_0040_20160612154014b82.jpg

いろいろと考えてみました!
これから先、再びエンジンばらすことはないであろう・・・ということで
エンジンスタンドからエンジン降ろしてスタンドをコンパクトにしてしまっておきます。

DSC_0042.jpg

一時的に物置にしまっておきますが、エンジン、ミッションはもう処分かな!
もうエンジンスタンドを使う機会も、当分ないと思われますので・・・これも処分???

DSC_0043.jpg

いずれ箱の中にある補機類等も処分しないといけないのでしょうねぇ?
必要最低限のパーツだけを選定するのは難しいけど、置くとこ無くなっちゃいますので・・・!!

次回は、室内押し入れに眠らせているパーツの整理整頓です


インタークーラー
「もっとパワーを」・・・・と考えた場合、
次に何かやるところがあるとするならば、吸入温度・・・・


ということで、スマートのノーマルインタークーラーをばらしてみましょう
インタークーラーの上下のプラ部分はこのツメ的なもので留まっているだけです
これをマイナスドライバー等で起こします
所詮アルミなので簡単に起きてきました。

DSC_0001_20160605165701a02.jpg

全周をこのように起こしていくと・・・
DSC_0002_20160605165703453.jpg

はい、これでコア内部が見えてきました。
見る限りスマートのインタークーラーはなかなか出来のいいコアだと思います

DSC_0004_20160605165704c29.jpg

さてこのスマートのインタークーラーですが
通常のインタークーラーと違い、下側に入り口出口が並んでおります。

想像通りですが、入り口出口の間には仕切りが入ってます。
それで、右側8本を通り上に上がり、左側7本を通り出口に向かいます。

これってどうなんでしょう???
せっかくこの幅のインタークーラーなのに、半分づつしか通過できない!
下から入った空気がこのインタークーラー幅いっぱいに通過して
上から出てくるようにしたら、冷却効果は上がるのでしょうか?

DSC_0006_20160608220024ba1.jpg

この出口を塞いで、真ん中の仕切りをとっぱらってしまえば・・・
これを二つ用意して上下に・・・

DSC_0005_2016060516575103c.jpg

この上の部分と、下の部分はコアに留まる部分は同じものです。
DSC_0009_20160605165750330.jpg

これで何も変わらなければ、次は容量アップ化・・・
社外の何かを流用して腹下にでも持っていきます。

妄想は尽きない・・・(〃艸〃)ムフッ


左足ブレーキの是非
最近になってですが左足ブレーキが気になってます。

以前も気になって試してみたのですが
ノーマルシートでは、ホールド性が悪く姿勢が安定しないので・・・・

しかし、レカロ・・セミバケですがかなりホールド性はいいです。
このシートにしてから左足でブレーキ踏んでも姿勢が不安定になりません。

DSC_1010.jpg

これが通常・・・(通常とはいえないかな・・・攻めている時ですので!!)
ブレーキングと同時にシフトダウンする時とかには、この「ヒール&トウ」
スマートでシフトダウンするとワンテンポ遅れてギアが変わります。
しかし、シフトダウンする瞬間にアクセルを煽ると、圧倒的にギアの変わり方が速くなるのです。

これは新型アルトRSにも搭載されている
「ブリッピング(エンジン吹かす事ね)」でもお分かりかと思います。

DSC_0008_20160605165659b27.jpg

せっかくクラッチがないのですから、
左足でブレーキ踏めば、この作業も楽になるはず・・・・
しかも、ブレーキング中にアクセル踏めれば、ブースト落とさずに
次の立ち上がりに備えられます・・・まだやったことないですが・・!

DSC_0007_201606051657013db.jpg

だけど一つ問題が・・・
まぁ慣れてしまえば何でもなくなるのかもしれませんが

ブレーキペダルが若干右側・・・アクセルペダル寄りです
ロドスタの右ハンドルなら、かなりペダルが左よりなんでやりやすいのですが (゚д゚)

まだ始めたばかりなので、慣れている最中なのですが
意外と繊細なブレーキングも出来ているようです・・パニックはまだですけどね!


ネットでも賛否両論ある左足ブレーキですが、実際どうなんでしょう?



日曜日の予定
日曜日は、ちょっと作業のお手伝いで・・・・

ここに出向きます。
わかる方にはわかる場所ですね(わからない人の方が少ないか??)

DSC_1211_20160527231347af2.jpg

何をやるのかというと・・・・・
あっ、これはイメージ画像です・・・・こんな大仕事はやりません。
おやじ様のご厚意で(あっ、言っちゃった(*゚Q゚*))リフトを使わせていただきます。
もちろん僕のvivi号ではないですよ!

DSC_0018_201605272313469ca.jpg

このクラッチ交換・・・初仕事ですので要領等勉強してきます。