smart459(四国)のスマートライフ
viviviのスマートあれこれ・・・スマートって面白い!
プロフィール

vivi459

Author:vivi459
459で楽しいスマートライフ✌('ω'✌ )

ありきたりのものでは満足しない、マニアです!

見たり聞いたり…参考にはするけど、やってみないと納得できない性分です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


流用リアディスク計画
先週折角リアブレーキシューの交換も出来ているのに
もうそろそろこのミッションの挑戦をやりたくなってきたので・・・・


使用予定のキャリパー(アコードユーロ用)です。
ずいぶん前に魚屋さんから頂いていたものです。

DSC_0550.jpg

サイドブレーキも兼用するためか、ちょっと長いような・・・・
まだ現物合わせしてないので、どうなるのかは???

DSC_0551.jpg

スマートのブレーキシリンダーとは違う、ブレーキホースの取り付けエンドですね!
このブレーキホースも流用しかなさそうです

DSC_0554_20170122215350684.jpg

サイドブレーキケーブルも・・・・
DSC_0555.jpg

ブレーキローターはスマートフロント用で・・・
キャリーパーを仮に合わせてみました。

DSC_0553.jpg

なんか若干ローターの大きさがあってないような気がしないでも・・・(;´・ω・)
DSC_0552.jpg

メインの取り付けブラケット製作をしないといけないのですが
現物合わせの採寸をして設計しないといけないのでまだまだ先になります。



出入りしている工場にて・・・・・
趣味とお手伝いも兼ねて、腰下バラシを・・・

DSC_0549.jpg

シリンダーゲージにて、シリンダーの内径を計測
3気筒共に上下、回転方向側、スラスト方向側を測定して、
ひずみ限度内、摩耗限度内に収まっているのか確認します。

DSC_0525_20170123001919e2a.jpg

ピストンも、1番、2番、3番共にスカートの下から5㎜あたりを計測。
これで、ピストンとシリンダーのクリアランスが正常かどうかを判断します。
僕のオーバーホールは、まずは測定から始め、
クリアランスがNGではないことを確認してからです
まぁ、目視で摩耗状況は判断できますが、数字は知っておきたいですよね。

DSC_0526_20170123001920298.jpg

今回は、組立て時に僕の出番はありません。
趣味で、ばらすのと測定をして大丈夫かどうかの判断をするだけです。


クラッチ滑りって・・・!!
新年になって、本格的に寒くなってきました
こういう季節は、エンジンパワーが結構上がって来るので
運転していてもかなりワクワクしてきます。

しかし人間とは慣れると恐ろしいもので
高回転の伸びのいまいち感を我慢できなくなってきました。
高回転は、安全マージンということで
燃料の絞りは程々にしているのです。

とりあえず、高回転の燃料を絞ってみます。




たぶん動画ではわからないと思うのですが、
3速・・・特に4速の全開時にクラッチ滑ってます。
タコメーター見ると、アクセル放した瞬間に600rpmくらいは落ちてますね!

この症状ってほんとにクラッチ滑ってるのでしょうか?
以前もこの症状経験してますが
その時にもブースト1.7以上かかった時でしたね!

なんか、体感的に高トルク時にワザとに滑らせてるような・・・
今度、クラッチアクチ付近にカメラ設置して検証してみます。

ルノー空港通り店行ってみた
新型スマート44の兄弟車・・・ということで、 トゥインゴを見に行ってきました。

うちの近所だから、前はよく通るけどはじめてきました。
DSC_0314_201610172123030c0.jpg

まじかで見ると意外と大きいのね!
DSC_0311.jpg

インパネも今風でシンプルに仕上がってます。
DSC_0310_20161017212235746.jpg

内装も特に気になるところは・・・シートがもうちょいかな!
DSC_0309_20161017212235230.jpg

スマートも同じだけど、リアドアの窓ガラスが埋め込みって・・・(;´・ω・)
DSC_0312_2016101721223728f.jpg

トゥインゴは、バンパー周りとボンネットだけプラで、あとは鉄板でした。
DSC_0313_20161017212238ff8.jpg

スタイル的にはスマートに一票なんですが・・・・


トゥインゴの売りは、まず車両価格の安さ・・・!
そして、本国仕様にある5速MT・・・!

聞いたところによると
今現在、トゥインゴを契約しても納車は来年の4月以降・・・らしい(-_-;)
また、来年の2月頃に、MTが限定販売されるらしい・・・(@_@)

実際スマートの6速ミッションがどんなになっているのか試乗したことないので
メルセデスにつてのある○○さん・・・試乗車ないんかなぁ??(^_-)-☆

なにはともあれ、MTに心惹かれてます。


2週連続の徳島・・・
昨日は、雨の降る中、再度行ってきました。
今回の訪問の目的は・・・ドアパネル脱着の習得・・・(*^^)v
僕もいろいろやってきてますが、パネル関係はホント苦手で・・・
特にドアパネルは・・・・・「絶対無理です」のレベル・・!!
そこで、どんな感じで作業するのか・・・秘密のひと手間があるのか???
1つ1つの作業を、つぶさに頭に叩き込むべく・・・・・(; ・`д・´)


もうすでにパネルは外れています。
「あーぁ、こんな感じでやれば意外といけるのですね」
と、頭ではわかっているけど、
あの、「パチンっ」という音が心臓に悪いです (-_-)/~~~ピシー!ピシー!

しかも館長の思い切りというか、躊躇なくやり切るところも関心!!!

簡単に脱着できるように、パネル側に裏技を仕込むところも拝見しました。
どのレベルの施工をするのかは、自分の腕との相談ですが
自分のスマのパネルなら、最大限やっつけちゃいます・・・
これでいつでも外せる仕様になるでしょう!!

DSC_0225_20160919184600da9.jpg

と、しばらくすると見慣れない451ブラバス登場・・・(@_@)
DSC_0227_20160919184602673.jpg

ご本人からのお披露目があるかもしれませんので
詳しい内容とかは、割愛させていただきます。

DSC_0226_201609191846026fd.jpg

その、ブラバスさんに同乗しておられた御大のサプライズ登場に・・2度(@_@;)
いやぁでもほんと、御大様は頼りになります。
ドアパネルの作業を見ているので分かってるはずなのですが
いろいろ細かい段取りとかを訪ねると、細部にわたって教えていただきました。
ありがとうございました。
たぶん今度のパネル交換は、かなりスムーズに運べると思われます。

とりあえず、来月にはパネル替えしてみようかな・・・塗は置いといて・・(^^♪


峠での検証
本日、腰の様子を見ながら、大丈夫そうなので
お昼頃に三坂峠を登ってみました。


まずは、ファンを回さずに登った時の油温です。
そんなにぶん回してないのでなんとも言えませんが104℃でした。
オイルクーラー無い時は120℃に迫る勢いでしたので
オイルクーラーの効果ははっきりと・・・・v(o゚∀゚o)v

DSC_0129_20160731174749351.jpg

ここでアイドリング状態でどこまで下がるのか、オイルクーラーファン回してみました。



数倍速ですが、4分足らずでここまで下がります。

次に、オイルクーラーファン回しながら登ってみました。
まぁ条件が同じではないですが、明らかに一段と下がりました。
実際は、クールダウンしてしまいましたので94℃くらいです。

DSC_0130_20160731174748a2a.jpg

では、気温36℃での松山市内の走行での油温の変化を見ます。
インタークーラーファン、オイルクーラーファン・・・スイッチオンです。

DSC_0131_20160731174747ba7.jpg

ファンを回していると、渋滞中はどんどん油温が下がってきますね(゚∀゚)
市内なので、そんなに走れませんが油温は最大で88℃弱でした。

DSC_0132_20160731174746412.jpg

ちなみにファン無しで走ると、ちょっとの距離でもこの程度になります
DSC_0133_20160731174745233.jpg

いやぁ・・・これ・・・これからの季節にはやっぱええすっよ!
油温が安定してくれるとパワー的にもプラスの体感が出来てますし・・・・
しかも、ホントに水温も引っ張られて下がってきますのでオーバーヒート対策にも一役!!!

ただ、こんだけファン回していると、バッテリーがちょいっと心配です。
バッテリー容量アップしてもいいんだけれど、オルタの交換しないと無理かなぁ!!